「射殺しろと?本当ですか?」…韓国側、北の通信傍受

「黄海失踪公務員射殺事件」 

去る22日、西海上で行方不明になった公務員射殺当時、急迫した北韓軍の内部報告と上部の指示内容をわが軍が傍受を通じてリアルタイムに確保していたことが伝えられた。

29日、国会国防委員会と情報委員会の関係者によると、わが軍は行方不明の公務員Aさんが黄海のトゥンサン岬近くで北韓船舶に発見された時点である22日午後3時30分の前から、北韓軍の交信内容を無線傍受した。

わが軍の諜報部隊は傍受地域を正確に設定すると、相手側の無線通信内容の最高90%までを把握できる高度の技術を保有していると伝えられた。

軍はAさんが北側に越北の意思を伝達したという事実を、北韓軍の内部交信を通じて具体的に確認したという。

かなりの近距離で会話が交わされたともので、Aさんが80メートルはなれて「大韓民国の某」だとごまかしたという内容の北側の通知文は事実ではないと軍は把握している。

北側がAさんをロープで縛って陸地に「曳航」しようとしたが海上で「紛失」した後、2時間後に再びAさんを見つけた情況から、当時としては救助の意図を比較的はっきり見せたという。

軍はこれに対して、秘密の対北韓傍受活動を公開してまで救出を敢行せずに待機したと解明したことが分かった。

しかし、午後9時を過ぎて状況は急変した。

北韓の海軍司令部が「射殺せよ」という指令を通達した。これに対して大尉級の艇長が「もう一度伺います。射殺しろと?本当ですか?」と確認して、9時40分頃に現場から「射殺した」という報告が上層部に上がったという。

わが軍は北韓軍の内部でAさんを射殺したと報告した事実を青瓦台などとすぐに共有したが、文在寅(ムン・ヂェイン)大統領に対面報告で伝達されたのは翌日の23日午前8時30分頃だった。

当局は「部分部分で集められた情報を分析するには時間がかかった」と釈明した。しかし一部では、「射殺」などのキーワードは短時間で把握できるという点から、当局がより機敏に対処すべきだったという指摘が出ている。
  • 毎日経済_デジタルニュース局 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-09-29 17:34:45