過度の増殖と炎症を起こす乾癬とは…症状と予防法


乾癬とは、乾燥した天気の影響を多く受ける疾病のうちの一つとして、特に乾燥した晩秋から冬まで激しくなる皮膚疾患で、その原因はまだ完全に明らかになっていない。皮膚にある免疫細胞であるT細胞の活動性が増加し、その結果、分泌された免疫物質が皮膚の角質細胞を刺激して角質細胞の過度な増殖と炎症を起こすと伝えられている。

乾癬は、皮膚に小さな粟のような発疹ができて、発疹ができた部位の上に真っ白なフケのような角質が幾層にも積もって現れる慢性皮膚病で、粟のような発疹は周囲で発生した新たな発疹と互いにくっ付いたり、大きくなりながら周囲に広がっていく。主に肘、膝、お尻、頭の部分に多くできて、この他にも手のひらと足の裏、性器、すねの部分、手足の爪などにもよく現れる慢性皮膚病の代表的疾患で、大部分の乾癬は慢性的な長期間の経過の中で悪化と好転を繰り返すことがある。

主に、20代前後の年齢に多く発生し、季節的にはたいてい晩秋や冬の初めにできる場合が多い。乾癬を予防するためには、皮膚の刺激や皮膚の損傷を受けないようにして、皮膚が乾燥しないようにすることが重要だ。
  • MBN | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-10-15 14:10:00