トップ > テクノロジー > 健康・医学 > 梅雨の時期の湿度管理、カビや細菌の増殖の予防

梅雨の時期の湿度管理、カビや細菌の増殖の予防


  • 梅雨の時期の湿度管理、カビや細菌の増殖の予防
夏には家の中にカビや細菌が速く増殖する。微生物性感染の発病率は温度10度が上昇するたびに17%大きくなり、冬より夏に46%が高まる。このような高温多湿な環境は微生物の増殖を急激に促進させるため、雨が降る日の湿度管理に格別に注意するのが良い。

雨が降る日、家の中の湿気管理のノウハウ

床の面が湿っぽいならすでに結露が発生している。したがって、ボイラーをひねると床面の温度が上昇して結露が消えてほどよく乾く。また、雨の降る日はがイビから流入する湿気がすぐに補充されるため湿気除去剤は効果性が少ない。したがって、雨が降れば窓を閉めてエアコンをつけて湿気を管理するのが効果的だ。

水に濡れた物体は直ちに乾燥

濡れた物体をそのまま放置するとカビが1日で成長するため直ちに乾燥させなければならない。特に湿気がよくたまるタンスの内部と後ろは扇風機をつけて水分を分散させ、空気の流れを妨げているものを積み重ねておかない方が良い。雨に濡れた傘や靴は乾燥して保管し、湿気が多く発生する植物は室内に置かない。寝具類は太陽の光で乾燥させ、着用した服は洗濯後乾燥させて保管する。また、洗濯物のビニールカバーは取り外したあと保管しなければならない。

湿っぽい空間、掃除は入念に

エアコンと洗濯機は1ヶ月に1回以上、エアコン無菌剤や洗濯機無菌剤で掃除し、洗濯後は蓋を開けて乾燥させる。特に、大量の水を使用するキッチンと浴室は使用後、水気を拭き取ってカビが発生したシリコンとタイルはジェルタイプのかび除去剤できれいに掃除する。冷蔵庫の内部でもカビや細菌が成長することがあるため、流通期間が過ぎた食べ物がないように管理する。
  • シークニュース_パク・シウン記者/写真_photopark.com
  • 入力 2014-06-07 20:42:45