LG電子、自社「Web OS」をテレビ企業に提供

プラットフォーム事業を拡大 

LG電子はハードウェアやプラットフォームを問わず、テレビ領土を拡大している。 LG電子は24日、独自のスマートテレビソフトウェア(OS)である「Web OS(ウェブOS)」を、米RCAをはじめとする全世界の20以上のテレビメーカーに供給すると明らかにした。またLG電子は有機発光ダイオード(OLED)のテレビの販売も史上初めて年間200万台を超え、OLEDテレビをプレミアムテレビの軸に安着させている。

LG電子によると、同社は今年から世界20社以上のテレビメーカーにウェブOSプラットフォームを供給することにした。顧客社は米RCAと中クンカ、豪アヨンズ(Ayonz)などのグローバルなテレビ企業だ。これらはWeb OSをベースとしたスマートテレビ製品をそれぞれ発売する予定だ。 LG電子はまた、ネットフリックス、アマゾン、ユーチューブ、リアルテック、シバ、ユニバーサルエレクトロニクスなどのコンテンツ企業と協業して、プラットフォーム事業を拡大することにした。

LG電子はこの機会にハードウェア中心だったテレビ事業を、プラットフォームなどのソフトウェア(SW)生態系にまで拡張するという目標だ。テレビだけでなく、テレビプラットフォームを販売するという話だ。先だってLGグループはデジタル変換をグループレベルの成長戦略とした。 LG電子はこれと関連して先月、広告・コンテンツデータの分析企業「アルフォンソ」を買収した。 LG電子の関係者は、「ウェブOSプラットフォームを使用しているメーカーが増えればプラットフォームを通じた収益はもちろん、ウェブOSの使用顧客を増やし、最終的にはコンテンツサービス事業を高度化できる」と期待した。

LG電子のウェブOSは人工知能(AI)リモコン、直感的なユーザインターフェース(UI)を利点としたプラットフォームだ。 LG電子はウェブ OSとともに無料放送コンテンツである「LGチャンネル」、AI ThinQ(シンキュ)基盤の音声認識機能など、さまざまな付加サービスも顧客に供給する予定だ。パク・ヒョンセLG電子ホームエンターテインメント(HE)事業本部長(副社長)は、「テレビ技術のリーダーシップを土台に事業を拡大し、グローバルなテレビ市場での存在感を強化する」と語った。

このようななかで、LG電子はOLEDテレビ市場のパイも育てている。オムディアの資料を見ると、LG製OLEDテレビの年間出荷量は、昨年の約204万7000台から初めて200万台を突破した。前年比で23.8%増加したわけだ。

特にLG OLEDテレビの平均販売単価が1972ドル(約218万8000ウォン)で、一般的な液晶表示装置(LCD)テレビ(428ドル)の4倍を超える高価な製品であることを考慮すると、このような販売増加はプレミアム市場でかなりの人気を集めているという意味だ。
  • 毎日経済 | イ・ジョンヒョク記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-02-24 16:21:39