Q.ワンダーガールズは国民的な人気があったんですか?

답변게시판
A. 「Tell Me」と「Nobady」で歌謡界に存在していなかったおじさんファンをテレビとCDショップに連れ出したガールグループである。少女時代よりも先に「国民ガールグループ」という称号で呼ばれていたが、アメリカの活動期間に人気が停滞し少女時代にタイトルを奪われてしまう。

デビュー当時ワンダーガールズのメンバーは、高校3年生のイェウンとソネ、中学校3年生のソヒとヒョナとソンミというその当時としては破格的に若い年齢で構成されていた。ヒョナは健康上の問題で1枚目のアルバム準備中に脱退し、ユミンが参加した。その後もソンミが2010年2月に学業を理由に活動を停止し、新たなメンバーとしてヘリムが入った。

ワンダーガールズは中毒性の​​あるメロディーで停滞していたガールグループのジャンルを活性化させ、空前のヒット曲「Te​​ll Me」は、UCCの普及に貢献したと評価されている。ワンダーガールズはサムスン経済研究所が指定する2007年韓国10大ヒット商品に選ばれ、2007年~2008年の間連続で韓国ギャラップの調査による韓国人が好きな歌手1位に上がった。

「Tell Me」以降に発表された「So Hot」と「Nobody」でも人気を集めた。しかし、2009年3月の単独コンサートを最後にアメリカに進出し、人気が下火になり始める。韓国歌手としては初めてビルボードHOT 100に「Nobody」がランクインし「Nobody」のミュージックビデオの再生回数が2,700万件を超えるほど東南アジアを中心に大変な人気を謳歌したりしたが、韓国のファンクラブの活動は非常に微小だった。

2011年長年の空白の末に発表した「Be My Body」が音楽チャートのトップになり、復活したがチームのメンバーの反対を押し切って結婚したリーダーのソネが2014年3月、夫と一緒にハイチで宣教活動に旅立ち事実上の活動停止状態となった。

ワンダーガールズの公式ファンクラブは、「Wonderful」であり、公式応援ツールはパールバーガンディ色の風船と透明なピンクのチューブ応援棒。現在では、ピンクのチューブ応援棒と風船の代わりに、「女王棒」を作成して使用する。 2012年7月、二番目の単独コンサート開催時には所属事務所がWGというフレーズが書いてある「女王棒2」を新たに作って販売した。

☞メンバー
ソネ(本名、ミン・ソネ / 1989年生まれ):リーダー、メインボーカル、リードダンサー。パク・チニョンがソネを信じて、ワンダーガールズを作ったと言うほど実力が優れている。 2013年に結婚してすぐに出産、ファンに失望感を抱かせた。

ユビン(本名、キム・ユビン / 1988年生まれ):メインラッパー、メインダンサー。 2007年9月ヒョナが抜けた後に合流。顔が色黒な方だ。

イェウン(本名、パク・イェウン / 1989年生まれ):リードボーカル。メンバーの中で最高のボディーライン。食べる量が半端なく、運動をした後、シャワーをしないまま寝ると発言し汚いという言葉も聞く。

ヘリム(本名、ウ・ヘリム / 1992年生まれ):4つの言語を操る、リードラッパー。2010年2月、ソンミの後を継いで合流。「芸能人を一般人に見えるようにする美貌」という嘲笑も受けたが、控えめな性格と赤ちゃんのような表情でファンを確保した。


ヒョナ(本名、キム・ヒョナ / 1992年生まれ):メインラッパー、メインダンサー(2007年7月まで活動)。年齢が幼いにも関わらず色気が出ていると「覇王色気」というニックネームがある。アイドル扇情性問題の中心に立っており、軍隊のロッカーの中に入っている女性歌手の写真1位に上がったことがある。2009年5人組ガールズグループ5Minuteで再度デビューしている。

ソンミ(本名、イ・ソンミ / 1992年生まれ):サブボーカル(2010年2月まで活動)。おじさんファンが多い。学業を理由に活動を停止したが、2013年にソロでカムバックした。

ソヒ(本名、アン・ソフイ / 1992年生まれ):サブボーカル(2014年2月まで活動)。「Tell Me」のミュージックビデオで、ワンダーウーマンに扮しており、メンバーの中で人気の1位だ。「あら」という一言で男たちの心を捕らえて、国民の妹の地位を占めた。しかし、ライブの実力はク・ハラやキュリなどと一緒に最低のラインを争う。
  • Lim, Chul
  • 入力 2014-06-26 17:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄