Q.2つの血液型を持っている人もいますか?

답변게시판
A. 春がやってくる時期に大規模な集団感染で国民の非難を受けていた新天地が、感謝の挨拶まで受けています。

完治した新天地の信者1100人あまりが、新型コロナウイルスの治療剤開発のために血漿を提供すると名乗り出たからです。新天地は今年の7月にも628人の信徒が団体で血漿供与に参加したことがあります。

「新天地の集団血漿供与は、キリスト教伝統教団に属する一部教会が集団感染の震源地になっただけでは足りず、陰謀説まで提起するなど奇怪な行動を続けている中で行われた行事(?)だ」と対比される側面もあります。新天地が「疑問の1勝」を収めたと言えるかもしれません。

2つの血液型を持っている人がいるのでしょうか?
学校で学んだ科学の常識とは少しずれますが、答えは「はい」です。非常に稀ですがいます。
このような人の血液型を指して「血液型キメラ」と言います。

キメラって何か分かりますよね?
ちょうどこのように奇怪な姿をした存在です。

頭と足はライオン、胴体はヤギ(またはオナガゴーラル)、尻尾はヘビ(または龍)の形をした怪物です。
呪われた怪物が、最近はヒーロー軍団の一員として映画やドラマで大活躍しています。コウモリ人間、アリ人間、緑人間…。

生物の同一個体に遺伝子が異なる細胞が混ざっていたり、同一遺伝子に2種類以上の遺伝子に由来するDNAが入っていたりする場合もキメラと呼びます。接木を通じて様々な特性を持つ植物をつくることもキメラに該当します。

1953年、一人の人間が2種類の血液型を持つ事例が発見されて以来、これまで約100人のキメラ人間が報告されていますが、ほとんど双子でした。

お母さんの体内にいる時、血液が双子たちの血液をつくる組織を交換し他の血液に対する免疫システムの拒絶反応が抑制され、2種類の血液型を持つことができるようになったのです。こういう人は危機状況に陥った時、普通の人より輸血を受けやすいでしょう。

双子ではなくても人工授精のおかげでキメラの赤ちゃんが生まれたこともあります。

韓国ではなく、2017年7月にアメリカで起こったことです。
米ワシントン州に住む30代の夫婦が、人工授精を通じてようやく赤ちゃんが産まれたのですが、赤ちゃんの血液型を聞いてびっくりしたそうです。

赤ちゃんの血液型がAB型であることがわかったのですが、夫婦の血液型はすべてA型だったんです。
生物学の時間に学んだ通りなら、A型夫婦で生まれた赤ちゃんの血液型はA型でなければO型であってこそ正常です。人工授精をしたからよかったものの、自然分娩で生まれたとしたら「誰だ?」と喧嘩をしていてもすぐに別れるような状況に直面したわけです。

繰り返し検査をしても同じ結果が出るので、夫婦は親子確認の検査をしました。

遺伝子検査は衝撃的でした。妻と赤ちゃんの遺伝子は100パーセント一致しますが、夫と赤ちゃんの遺伝子は25パーセントだけ同じだと出ました。赤ちゃんを産んでみたら甥だったわけです。とても精密に検査をしてみた結果、ご主人様の精子のうち10パーセントは違う遺伝子を持っていることが分かりました。

赤ちゃんのお父さんがキメラでした。彼は二卵性双生児で母親の体内にいましたが妊娠初期に片方の双生児が死亡し、兄弟の遺伝子を吸収して2種類の遺伝子を持つようになったそうです。

世間に出られずに死んだ双子の兄弟が自分の遺伝子を残したわけだから、本当に不思議ではないですか?
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-08-31 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄