ティキタカ:티키타카

답변게시판
解説 ハングル: 티키타카

ハングル発音:ティキタカ

意味:話が合う時

解説

Tiki-Taka、スペース、占有率、プレッシャーを重視するサッカーの戦術。ショットパスとロングパスを交わし、相手の弱点を狙う。最近は友達同士が会話の話が合うとか、自然に行動を続ける時に息が合うという意味で使われる。ネット上のコミュニティでは、知り合い同士が書き込みを交わしながら、多数意見のように主導していく行為を意味する。

友達同士で集まって遊んでいると、息が合う人たちがいる。
いきなり歌を歌うのだが、隣にいた友人が歌に合わせて踊り出すのだ。歌手がその歌を歌う時に使った振り付けそのまま踊る。

彼らを見守っていた友達が言う。
「やあ、 君たちのティキタカはすごいな!」

ティキタカはアメリカン・クラッカー(Clackers)というおもちゃから由来する。このおもちゃのスペインブランド名が「tiqui-taka」だった。(韓国名称は「タッタギ(カチカチ)」)両端にプラスチックのボールが2つ付いていて、紐の中央をつかんで上げたり下げたりすると、お互いにぶつかりながら音を出したり、器用な人は数十回連続でぶつかる妙技も見せたりすることがある。

おもちゃで技を見せるように、スペインのサッカー選手達は短いパスを交わしながら世界のサッカーを先導していった。ティキタカを主な武器とするFCバルセロナが優勝トロフィーを獲得する原動力となり、2010年のワールドカップ南アフリカ大会と2012年のユーロカップで優勝した。

短いパスと長いパスを交わすように会話が充実していて楽しければ、そばで聞く人も面白いだろう。

ドラマ作家の中には登場人物の深みのある台詞で視聴者の好感を得たりする。
しかし、度が過ぎると言葉遊びがひどい、意味がない、と酷評されることもある。

世界のサッカー界を制していたティキタカ戦術はまだ有効だが、トップを保証できない戦術の一つに変わった。

ティキタカで交わしていたボールを奪った相手がボールを気持ちよく蹴り、無人境の後方に突撃し、パス一発で作戦が滅茶苦茶になる状況もよく見られる。

集まりに出て久しぶりに息の合った友達に会ってあれこれ話をして、司会者が「そこ、注目してください」と指摘をしたら、恥ずかしいだろう。
  • Lim, Chul
  • 入力 2020-03-12 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄