記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)

猛暑注意報から熱老化による肌ダメージを防ぐ方法

    連日猛暑が続いている。赤く熱くほてった肌が良くないことは、誰もが知っている事実だ。しかし、熱による老化が紫外線に劣らず、肌を衰えさせる主犯だ。

    連日30度を上回る猛暑に、皮膚は大きく開いた毛穴の間から雨のように降り注ぐ汗を吐き出す。朝と夕方に保湿に気を使い、ミストもかけてみるが、皮膚に吸収されず空回りする化粧品の間から再び汗が滲んでくる。これに猛暑の中でも健康な皮膚を保つ方法が注目を集める。

    ▶ 熱老化から安全な皮膚温度31度

    専門家は、皮膚の温度が上がると、毛穴が拡張され、肌の弾力性の低下、しわなどの代表的な老化現象が起こると指摘するが、これを「熱老化」という。

    水分を保ち、皮脂の分泌を調節する顔の皮膚の最適な温度は、体温よりも低い31度だ。確認する方法は簡単だ。顔に手を触れた時、手よりも顔が熱いなら即時に顔の皮膚の温度を下げる必要がある。

    顔が熱いと感じたらすぐに皮膚の温度を下げることが何よりも重要だ。冷水で顔を何度もパッティングするように繰り返してかけたり、冷たいパックが効果的だが、氷を顔に直接当てる方法は肌のトラブルを引き起こす可能性があるため、注意した方が良い。

    ▶ 涼しい浴室でスキンケアの仕上げ

    毎日朝と夜に高保湿化粧品を重ねて顔に塗ってみるが、全く肌の中に浸透せず、空回りしがちだ。家の中で比較的に1番涼しい浴室でスキンケアを終えて出てくるのも良い方法だ。

    低刺激ディープクレンジングで汗や汚れがからみ合って付いている肌をきれいに整える。普段、敏感肌でなかったとしても、最近のような猛暑には発疹などのトラブルが生じる場合が多い。

    きれいに洗顔した肌に吸収が速い液状エッセンスや高機能性トナーを、複数回に分けて肌に軽く叩いて吸収させる。普段使用していた化粧品をそのまま利用しても良いが、夏場には低刺激と保湿機能を持つ吸収が速い液状やジェル製の化粧品を選択するのも方法だ。

    最近では、塗るパックのようなものでシャワー中に顔に伸ばして塗り、シャワーを終えた後に洗い流せば良い新概念のフェイスパックも発売された。
  • シックニュース イ・サンジ記者 / 写真=イ・ミファ記者、makep:rem提供 | (C) mk.co.kr | 入力 2016-08-20 09:15:00