記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
数字経済 > 総合

バスキン・ロビンス、リトルフレンズのクリスマスアイスケーキを披露

    バスキン・ロビンス(サーティワン)が6日、ソウル市中区ウェスティン朝鮮ホテルでカカオのキャラクター「リトルフレンズ」を活用した、クリスマスシーズンのアイスクリームを披露した。

    バスキン・ロビンスはクリスマスのアイスクリームケーキ24種を発売しながらカカオのキャラクター「リトルフレンズ」とコラボレーションした。2015年、カカオフレンズケーキを発売して大きな人気を得てから2年ぶりのことだ。

    アイスケーキにはカカオフレンズの主要キャラクターが登場する。「雪の降るスノー・ビレッジ」はリトルフレンズのキャラクターが暮らす町の形のアイスクリームケーキを透明な半球で覆った新デザインのケーキだ。上部のピンクの雲を押すと、シュガーパウダーが雪のように降り、ホワイトクリスマスの雰囲気を演出する。「押して食べるプッシュポップ」は新たに発売した専用容器にアイスクリームが入っており、バーをスライドさせるとアイスクリームが食べやすく出てくるため手軽に楽しむことができるケーキだ。「選んで食べるカクンフレンズ」はケーキの中央のリトルライアンのフィギュアを取り除くと隠されていたマーブルチョコレートが出てくるケーキだ。

    このほか、アイスクリームケーキを丸い透明な容器に入れて保管と食べやすさを改善した「ドキドキスノーボール」、キャラクターハンマーで大きなチョコレートを割ると隠されたチョコレートがあふれ出てくる「メリーパンハッピーパン」、ベビーアピーチの顔をそのまま再現した「リトルアピーチ」など様々なケーキが12月初めまで順次導入される予定だ。
  • O2CNI / 写真=毎日経済 イ・スンファン記者 | 入力 2017-12-06 20:53:07