記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
コラム > 総合

サムスン家「節税なし」…個人財産「総動員」で相続税支払う

  • 故李健煕(イ・ゴニ)サムスン会長の遺産を引き継ぐサムスン家は、12兆ウォンを超える相続税を納付する。国内外の企業の中では歴代最大レベルの相続税納付額だ。相続税と関連して一部ではさまざまな節税案が議論されたが、遺族は「企業の社会的責任と共生の努力」を強調した故李健煕会長の遺志にしたがって、節税することなくすべて税金として納付するという意思を明らかにした。

    28日、サムスングループは故人が残した遺産と社会貢献策を発表し、サムスン家が12兆ウォン以上の相続税を納付する計画だと明らかにした。業界では李在鎔(イ・ヂェヨン)サムスン電子副会長と洪羅喜(ホン・ラヒ)女史、李富真(イ・ブヂン)ホテル新羅社長、李敍顕(イ・ソヒョン)サムスン福祉財団理事長などの相続人が国税庁に申告する相続税の課税標準は約26兆1000億ウォンに達すると推定している。

    最も比重が大きいのは故人が保有していたサムスン電子(4.18%)とサムスン生命(20.76%)、サムスン物産(2.88%)、サムスンSDS(0.01%)などのサムスン系列社の株式だ。故人のサムスン電子株の価値は株式の継承価額を基準に15兆5000億ウォンで、サムスン生命株の価値は2兆7000億ウォンで、全体の株式の価値だけで約19兆ウォンに達する。これは故人の死亡日である昨年10月25日を基準にして、その前2ヶ月とその後2ヶ月間の終値平均に最大株主割増率20%、最高税率50%、自主申告控除率3%を適用した金額だ。これによる相続税額のみで11兆400億ウォンに達する見通しだ。

    故人が残した不動産資産も5000億ウォンに達することが分かった。故人は龍山区漢南洞の自宅と京畿道龍仁のエバーランド一帯の土地などを所有している。漢南洞(はんなむどん)の一戸建て住宅に対する昨年の公示価格は408億5000万ウォン水準だ。龍仁エバーランド一帯の土地は故人とサムスン物産が1322平方メートルを半分ずつ所有している。 2015年、国民年金は当時の第一毛織の持分価値を3兆2000億ウォンにしており、当時の国内のある会計法人はこの地の価値を9000億~1兆8000億ウォンと評価している。この他にも龍山区梨泰院洞(いてうぉんどん)の一戸建て住宅と、個人が2014年に購入したハワイ州オアフ島の2つの区画の不動産もある。

    遺族が分納することになる相続税は、これまでの国内最高相続税額の10倍を超える規模だ。先だって2018年11月末、具光謨(ク・グァンモ)LGグループ会長など故具本茂(ク・ボンム)LGグループ会長の相続人は、(株)LGとLG CNSの株式などの相続税9215億ウォンを申告している。趙源泰(チョ・ウォンテ)韓進グループ会長などは2019年に死去した趙亮鎬(チョ・ヤンホ)韓進グループ会長が残した遺産に対する2700億ウォン規模の相続税を分割納付していることが分かった。創業者の故李秉喆(イ・ビョンチョル)サムスン会長の遺産相続税は176億ウォンだった。

    遺族は今後5年間の年賦延納で、天文学的規模の相続税を納付するという計画だ。まず来る30日に申告納付と12兆ウォンの6分の1水準にあたる2兆ウォンを納付する。残りの10兆ウォンは年1.2%の利子を加えて、2026年までの5年間で分納する形だ。

    相続税納付のための財源として、サムスン家の個人財産と株式配当を活用するだろうと展望される。故人と李在鎔副会長およびホン女史、李富真社長、李敍顕理事長など5人の総帥一家は昨年、サムスン電子の特別配当を含めて計1兆3079億ウォンを配当されたことがある。特別配当がない年に総帥一家が受け取る定期配当は、約8000億ウォン水準になると推定される。サムスン家がまず第1次として納付しなければならない2兆ウォンは、配当や金融機関の融資を通じて用意したものと思われる。

    2次納付からは貸出に加え、株の売却を通じて財源を整えることが分かった。この場合は主要支配構造に影響を与えないサムスンSDS株などの売却可能性が高い。サムスンSDS株は故人の0.01%を売却しても、李副会長が9.2%で李富真社長と李敍顕理事長がそれぞれ3.9%を保有している。サムスン生命などの他の株式を一部売却する可能性もある。

    ※こちらの記事もどうぞ「サムスン家、韓国初の感染症専門病院つくる…故人の遺志継いで
  • 毎日経済 | パク・チェヨン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2021-04-28 17:54:40