記事一覧

ニュース

数字経済

テクノロジー

コラム

ビューティー

カルチャー

エンタメ

韓国Q&A

新造語辞典

もっと! コリア (Motto! KOREA)
コラム > FOCUS

米国・中国の為替レート戦争の戦雲…手をこまねく韓国

◆ トランプ発為替レートショック ◆ 

  • 「チェスンシルゲート」で国政の運営が漂流している韓国号に、トランプ発のショックが本格的に吹き荒れている。

    ドナルド・トランプの米国大統領当選確定の直後、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)が座礁危機に陥ったことに続き、G2(米国・中国)間のつばぜりあいの水位が高くなり、世界的な為替大戦の戦雲が濃くなっている。

    14日、中国の官営媒体である環球時報は「トランプが中国を為替操作国のリストに上げ、中国産の輸入品に45%に達する高い関税をかけたなら、両国の関係は麻痺するだろう」とし、「中国もボーイングに発注した旅客機をエアバスに変えて、米国産自動車とiPhoneの中国販売は難しくなりうる」と警告した。 「トランプ当選者が就任後100日の間、優先的に推進する課題として中国を為替操作国に指定する」だろうという最近のマスコミ報道に対して正面対抗の意志を明らかにしたわけだ。

    米・中間の関係が悪化すれば、中国を経て米国に輸出する韓国の中間財輸出が大きな打撃をこうむることになる。特に中国さえもが自国の産業保護に乗り出す場合、世界経済が長期低迷の局面に陥ることがありうるという分析だ。

    韓国経済もすでにトランプ発のショックの影響を受けている。14日、ウォンは四日目で急落しており、1ドル=1171.9ウォン(前日比で7.1ウォン下落)で取引を終えた。韓国信用不渡りスワップ(CDS)プレミアムも、11日(現地時間)のニューヨーク市場で52.502bpを記録した。CDSプレミアムが50を超えたのは7月以後で約4カ月ぶりのことだ。

    状況は急速に変化しているが、韓国は手をこまねいている。新しい経済副総理の人選さえ遅々として進まない状態だ。

    ソウル大学のキム・ソヨン教授は、「トランプ当選の余波は全世界が一様に体験する変数だが、ウォンの変動が特に大きくなるならば、国内の政治リスクが拡大するからと見ることができる」とし、「このような状況では、12月の米国の金利引き上げまでかさなって為替レート変動が大きくなることがあり、備えが必要だ」と語った。
  • 毎日経済_チョン・ジョンホン記者/チョン・ウイヒョン記者/プ・ジャンウォン記者 | (C) mk.co.kr | 入力 2016-11-14 20:19:17