トップ > 数字経済 > 経済 > 中「網紅」の女王「薇婭」、一日で韓国化粧品1千億を売る

中「網紅」の女王「薇婭」、一日で韓国化粧品1千億を売る


  • 中「網紅」の女王「薇婭」、一日で韓国化粧品1千億を売る

先月20日、中国最大のショッピングフェスティバルである「光棍節」の予約販売初日。中国の最上級「網紅(ワンフン/インフルエンサー)」の薇婭(viya/ウェイヤ)がLG生活健康の「后」を持ってライブ放送を行った。華麗な語りと手振りで「后」の代表商品「天気丹ファヒョン」を一つ一つ紹介した。直接製品を塗ってみたり、どんな香りがするのか、成分はどうなのかを詳しく説明した。

中国ポータルの「ウェイボ」によると、この日一日における后の予約販売の売上げは5億7600万元(約1059億ウォン)に達した。ウェイヤがライブ放送で販売した化粧品のうちで1位に該当する。ウェイヤはこの日、ランコムとエスティローダーをそれぞれ781億ウォンと342億ウォンぶんを売った。后の販売金額はこれらのブランドを超えたわけだ。中国最上級の網紅(ワンフン)を活用した販売戦略が功を奏したわけだ。

光棍節は11月11日で、中国では独身者の日として通じる。 2009年、中国最大のオンラインショッピング企業のアリババが独身者の日に合わせて大々的な割引イベントを行い、中国版ブラックフライデーとして有名になった。特に最近では中国内で韓国化粧品の人気が高まり、Kビューティー企業の年間最高の書き入れ時として位置づけられた。化粧品業界の関係者は「中国市場の鈍化で光棍節を控えて緊張感は高かったが、予約販売の好調が続き、今年も成長を続けることができると見ている」と語った。

中国市場の販売が拡大したことで、LG生活健康の実績に対して前年比で成長を占う意見も出ている。

LG生活健康の第3四半期の売上高(連結)は、1年前よりも2.9%減少した。中国内の化粧品市場の成長率が下落して、しばらくのあいだ証券業界ではLG生活健康の実績に対する懸念は少なくなかった。中国国家統計局によると、7月の中国化粧品市場の成長率は2.8%で、8月には0%まで下落した。 「過消費自制」を強調している中国政府が各種規制をうち出しながら、高級商品に対する打撃は避けられないという声もあった。

また韓国でも11月の「段階的日常回復」などとともに、売上げは増加するだろうと見ている。特に売上げに占める比率の高い免税店で、大幅な実績改善を期待している。 LG生活健康の免税売上げは、コロナ19以前の2019年に4兆7458億ウォンを記録した後、翌年は4兆4581億ウォンに減った。パンデミックが本格化しながら直撃弾を受けたわけだ。今年第3四半期までの累積売上げも3兆3011億ウォンで、回復の速度は遅い方だ。業界関係者は「ウィズコロナを契機に、免税店を通じた販売実績も大幅に改善するとみられる」と語った。
  • 毎日経済 | カン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-11-03 18:15:02