トップ > 数字経済 > 企業 > 物流量世界6位のパントス、LXグループのキャッシュ・カウに

物流量世界6位のパントス、LXグループのキャッシュ・カウに


昨年の価格上昇とともに鉄鋼などの原材料の取引が増え韓国の総合商社の財務指標はむしろ後退したものと分析された。総合商社のうち、LXインターナショナル(LX Internationa/旧LG商社)だけが単独で改善されたが、これは子会社のLXパントス(LX PANTOS)が収めた歴代最大の業績のおかげだ。LXホールディングス(LX Holdings)の孫会社であるパントスのグループ内での存在感は今年さらに浮き彫りになる見通しだ。

証券情報会社のエフアンドガイドが6日に明らかにしたところによると、韓国最大手のポスコインターナショナル(POSCO INTERNATIONAL)の昨年の流動比率・負債比率は、それぞれ126%・207%を記録した。前年比で流動比率は14%下がり、負債比率は44%上昇した。安定性指標が悪化した中、成長指標である営業利益率は2.2%から1.7%へと後退した。別の貿易商社である現代コーポレーションも似たような姿で数値はさらに良くなかった。

ポスコインターナショナルの関係者は「市況の好調によるトレーディング売上の増加で短期借入金である貿易金融が拡大した」とし、「営業利益率が1~2%の貿易部門の比重が大きくなりガス田は比重が減りながら全体利益率が下がった」と説明した。

貿易・資源・投資部門などからなる類似の事業構造を持っているにもかかわらず、LXインターナショナルの指標は逆に動いた。LXインターナショナルの流動比率は小幅上昇し負債比率は24%減少した。営業利益率は前年比3倍近く上昇した3.9%に達した。

トレーディングの売上・利益比重が大きくなるほど指標が悪化する「総合商社のジレンマ」からLXインターナショナルだけが自由になれたのは子会社LXパントスによるものだった。物流好況期を迎えたパントスの昨年の売上は前年比64%増の7兆8177億ウォン、営業利益は124%増の3604億ウォンだった。創立以来最高の成績表だ。業界は今年のパントスの売上が10兆ウォンに迫ると見ている。

  • 物流量世界6位のパントス、LXグループのキャッシュ・カウに
  • チェ・ウォンヒョクパントス社長

パントスはチェ・ウォンヒョク社長が代表になった2016年以降、世界各地に物流拠点と手段を構築し昨年取り扱った海上物流量は165万8000TEU(1TEUは20フィートコンテナ1個)を記録した。

これは世界6位に当たるもので、パントスがDHL・マスクのような世界的な運送会社と肩を並べることになったという意味だ。

グループ内のパントスの地位はLXインターナショナルの実績を見れば、さらに際立つ。別途基準の流動比率は前年比20%下がったことが分かり、営業利益率は0.3%に過ぎなかった。負債比率は改善したものの、これは中国の北京にあるツインタワーの売却代金などで長期借入金を返済する際に現れた一時的な現象だという。

昨年、LGグループから系列分離したLXホールディングスの子会社(インターナショナル・ハウシス・セミコン・MMAなど)の全体売上は22兆8099億ウォン、営業利益は1兆2591億ウォンだった。孫会社のパントスの売上は子会社より高く、営業利益もLXセミコンとともに最も多い水準だ。
  • 毎日経済 | イ・ユソプ記者
  • 入力 2022-04-06 17:38:20