トップ > 数字経済 > 経済 > HMM、第1四半期の営業利益が3兆ウォンを突破 SKハイニックスを抜いた

HMM、第1四半期の営業利益が3兆ウォンを突破 SKハイニックスを抜いた


韓国最大のコンテナ船会社であるHMM(旧現代商船)が高い海上運賃とドル高ウォン安に支えられ昨年第4四半期に立てた過去最高の営業実績をわずか1四半期で再び更新した。

13日、HMMは第1四半期に連結基準で売上4兆9187億ウォン、営業利益3兆1486億ウォンをそれぞれ記録したと公示した。前年同期比売上高は103%、営業利益は209%増加した。

HMMの四半期営業利益が3兆ウォンを超えたのは創業以来初めてのことだ。営業利益率は64%で今年第1四半期の業績を発表した上場企業のうちゲーム会社のクラフトン(59.6%)を抜いて最高値となる見通しだ。

HMMの今年第1四半期の営業利益規模はサムスン電子に続き韓国企業の中で2位に当たる。昨年、第4四半期にはSKハイニックスに続き営業利益3位だったが今回は2位に上がった。2016年から債権団の管理体制にあるHMMがポスコホールディングス、現代自動車、LG電子など韓国有数の企業よりはるかに多くの利益を出している。

HMMは6期連続で実績新記録を立てている。HMMは昨年、第4四半期にも売上4兆4430億ウォン、営業利益2兆6985億ウォン、営業利益率60.7%を達成した。

ブラックフライデー、感謝祭、クリスマスなどが集中しておりコンテナ船の需要が多い第4四半期とは異なり第1四半期は海運業界でオフシーズンとして通用する。しかし、HMMはピーク期を超える実績を出した。全般的なコンテナ運賃は今年初めをピークに下落傾向を続けているが、HMMの主力路線である米州路線は変動幅が相対的に小さかった。国際コンテナ運送航路15本の運賃を総合した上海輸出コンテナ運賃指数(SCFI)は1月の高点に比べ現在約18.8%下落したが、米州西岸路線は1.2%下落に止まった。海上運賃は依然として2019年に比べれば5倍も高い水準だ。

為替レートもHMMの実績に肯定的に作用した。HMMは売上が発生する度に当日基準の為替レートを反映して売上を集計している。昨年末、1190.5ウォンだった1ドル=1280ウォン台を超え8%近く下がった状態だ。

HMMだけでなく全世界のコンテナ船会社も好況を享受している。世界最大の海運会社であるデンマークのマースクは今年第1四半期に売上193億ドル(約24兆7000億ウォン)、償却前営業利益(EBITDA)91億ドル(約11兆6000億ウォン)を記録し四半期最高の業績を達成した。EBITDA基準の利益率は47%だ。全体売上の95%がコンテナ事業で発生するHMMとは異なり、マースクは陸上・航空など多様な物流事業を営んでおり利益率が相対的に低かった。

HMMの関係者は「ロシア・ウクライナ戦争、中国の封鎖長期化、米・中の葛藤など全世界の不確実性が大きい」として「安定的な追加貨物を確保し営業体質を改善して持続可能な経営体系を樹立する」と伝えた。
  • 毎日経済 | ムン・グァンミン記者
  • 入力 2022-05-13 19:00:37