トップ > 数字経済 > マーケティング > 中国旅行者をとりこにするため、多様なプロモーションを企画

中国旅行者をとりこにするため、多様なプロモーションを企画

中国春節迎え国内流通街、ヨウカー大きな手を繋ごう 

  • 中国旅行者をとりこにするため、多様なプロモーションを企画
中国最大の名節である春節を迎え、韓国を訪問する中国外国観光客数が増加する展望だ。これに国内ファッション、ビューティ業界も中国人客を迎えるため、奔走する動きをみせている。

中国の春節は、韓国の旧正月と似た意味で中国で国慶節とともに最大名節として挙げられている。今年は1月31日から2月6日まで7日間の長い黄金連休で、中国消費側面では最大の繁忙期だとみることができる。

しかし、中国の春節には不正腐敗の取り締まりが厳しくなる時期でもある。中国政府が大々的に節約キャンペーンを繰り広げながら、消費者の間でも「節約」を消費キーワードとし合理的な消費パターンをみせている。無条件高くて良い製品を購入するより、もう少し安く、合理的にショッピングしようとする雰囲気がつくられている。

これに国内流通街は、中国旅行者をとりこにするため、多様なプロモーションを企画中だ。新世界百貨店本店は2月1日から2月5日まで、現代百貨店貿易店では2月6日から2月9日まで「訪ねて行くツアーリストサービスセンター」を運営する。

マリオアウトレットは、旅券もしくは外国人登録証を提示する中国ショッピング客に、既存のアウトレット割引率に最大30%追加割引をしてくれる。中国人が選好するブランドである約130種類余りのブランドが参与する予定だ。

また、韓国訪問委員会が主催し文化体育観光部が後援する「コリアグランドセール」も春節期間まで運営される。スマートフォン利用の外国人観光客が増えることにより、スマートフォンに内臓されたエヌエフシー(NFC、Near Field Communication)機能を活用したイベントも実施する。

ソウル東大門コリアグランドセールイベントセンターを訪問する中国人観光客を対象に、1日先着順100人に幸運メッセージを込めたフォーチュンクッキーを提供し、スキンアニバーサリー、MACなどコスメティックブランドと共に、韓流スターメイクアップ追いつきイベントも進行する予定だ。

韓国観光公社の最近の発表によると、春節連休である1月31日から2月6日まで、中国人観光客8万人が韓国を訪れると展望している。また、観光公社は韓国を訪れる中国人観光客が昨年430万人に続き、今年500万人を突破するだろうと予想している。
  • MKファッション_イ・イェウォン記者/毎経DB
  • 入力 2014-01-21 13:28:15