農心、イギリスの300店舗でラーメン販売


韓国の大手食品メーカー農心がイギリスで「韓国インスタントラーメン」の地位を高めている。

農心は来年初め、英国最大の小売業者テスコの売り場で「辛ラーメン」など、主要インスタントラーメンを発売する予定だと5日、明らかにした。入店売り場は300店舗以上になる見通しだ。

また、他のイギリスの大型流通店では既に農心ラーメンが販売されている。

まず農心は2010年から世界最大の流通企業ウォルマートのイギリス子会社であるアズダに「辛ラーメン」と「辛ラーメンカップ」、「ノグリ」、「チャパゲティ」など15品目を供給中だ。特に昨年7月には「辛ラーメンカップ」を、韓国食品では最初にメイン食品コーナーに陳列することに成功した。

農心関係者は「農心ラーメンは現地マートのアジアンフードコーナーではなく、地元の食品と堂々と競争するほど良い反応を得ている」と説明した。
  • 毎日経済_キム・テソン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2013-11-05 17:14:21