トップ > 数字経済 > マーケット > 長期預金の新規加入より解約多く...低金利の影響で10年めに初逆転

長期預金の新規加入より解約多く...低金利の影響で10年めに初逆転


  • 長期預金の新規加入より解約多く...低金利の影響で10年めに初逆転
昨年は低金利が続き、家計と非営利団体による長期の貯蓄性預金が10年ぶりに初めて減少した。

韓国銀行が17日発表した「2013年中の資金循環(暫定)」によると、昨年末における家計と非営利団体が運用した満期1年以上の長期貯蓄性預金の残高は654兆110億ウォンで、前年より6兆4010億ウォン減少した。

家計・非営利団体の長期貯蓄性預金残高が前年より減ったのは、統計作成方法が改正された2003年以来初めてだ。これは新規加入よりも、満期などによる預金解約が多かったという意味だ。

一方、決済・短期貯蓄性預金の残高は317兆130億ウォンで、前年より51兆5270億ウォン増えた。

イ・ジュンヒョプ現代経済研究院研究委員は、「長期金利が低く、景気回復の不確実性が大きくなり、資金が行き場を見つけられない短期浮動化現象を見せたと判断される」と説明した。

家計消費や企業の投資は凍りついた。家計と非営利団体の所得に比べた消費の増加が減り続けて、保有している余裕資金が83兆4000億ウォン(2012年)から87兆ウォン(2013年)に3兆6000億ウォン増えた。

非金融法人企業もまた設備投資の不振で資金運用規模(71兆6000億ウォン)が4兆9000億ウォン減り、資金調達規模(111兆3000億ウォン)も25兆ウォン減少するなど、全体の資金不足の規模(39兆7000億ウォン)が前年より減少した。
  • 毎日経済_イ・ヒョンジョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-03-17 17:36:41