トップ > 数字経済 > マーケティング > 犬性時代、ファッション界を受け付けた愛犬モデルの活躍

犬性時代、ファッション界を受け付けた愛犬モデルの活躍


  • 犬性時代、ファッション界を受け付けた愛犬モデルの活躍
紳士服を着た愛犬ファッションモデルが登場して話題だ。

トムボーイが展開するコンテンポラリー男性服「コモドスクエア」は、今シーズン、伴侶動物と一緒にする愉快なコラボレーションを進める。

コモドスクエアは最近、犬・猫などの伴侶動物に対する人々の関心が大きくなり、米国の有名ブログ「メンズウェアドッグ(Menswear Dog)」とのコラボレーションを通じて国内ファッション業界では初めて、人の代わりに犬をモデルにして画報撮影を進めた。

「メンズウェアドッグ」は伴侶犬として飼われている愛犬をモデルに、男性ファッションをウィットあるように解釈して、全世界的に話題を集めているファッションブログだ。画報の中の主人公は「メンズウェアドッグ」の4才の柴犬「ボディ」で、ブログを通じてすでに人よりも服を素敵に着る愛犬ファッションリーダーとして全世界に有名勢をふるっている。

今回の画報撮影でボディは、リネンのジャケットをタイ・サングラスなど様々なアイテムと一緒にマッチさせ、それぞれのカットごとにウィットのある表情演技とポーズを演出して、専門ファッションモデルに劣らない活躍ぶりを繰り広げた。

いっぽう、伴侶動物の人気に力づけられて動物グラフィックTシャツも売り上げが大きく増加する傾向だ。ブランド「トムボーイ」が今シーズン発売した犬と猫のグラフィックTシャツシリーズは、すでに5次リオーダーまで完了するほど大きな人気を集めている。

コモドスクエアマーケティングチームの関係者は、「シングル族の増加で伴侶動物を飼う若い層が多くなっており、今回の画報撮影を企画した」とし、「独特で愉快なファッションを楽しむ若い層に良い反応が期待される」と述べた。
  • MKファッション_パク・シウン記者/写真_コモドスクエア提供
  • 入力 2014-05-14 09:06:04