トップ > 数字経済 > マーケティング > 海外直購の配送日を保証するサービスが登場

海外直購の配送日を保証するサービスが登場


  • 海外直購の配送日を保証するサービスが登場
韓進(ハンジン)が運営する海外発送代行のeHANEXが、発送・配送日を保証する差別化されたサービスを導入する。

韓進は14日、発送代行サービスであるeHANEXを通じて、現地の物流センターに商品が到着した当日を基準として、発送・配送日を保証する「スーパーパス(SUPER PASS)」サービスを導入すると明らかにした。単一ボックスで配送される商品を対象に、予定された配送日より遅れる場合は、追加料金の2倍をポイントで補償するサービスだ。海外発送の商品は、発送と配送日の確認が容易ではない場合がほとんどだった。

eHANEXは、「スリム(SLIM)」サービスも最近導入した。最小限の検収作業を通じて輸送不適合商品を事前に確認し、過大包装商品の大きさも縮小しようと再梱包するものだ。商品を安全に配送し、運送料も削減できる。

韓進は現地の物流センターの出庫日基準の3~4日以内に商品発送を完了する方針を立て、eHANEXを運営している。現在、米国、英国、ドイツ、日本、香港などの5カ国8地域の物流拠点を通じて、海外配送代行サービスを提供している。

統計庁によると、昨年のオンライン海外直購規模は1兆9079億ウォンと集計された。衣類、ファッション関連の商品が7297億ウォン規模で最も多く、前年比で31%増加した飲食商品は4428億ウォンだった。家電、電子、通信機器も1921億ウォンを記録し、前年比で37%以上増加した。国別では、米国が1兆2225億ウォン、EUが3663億ウォン、中国が1742億ウォン、日本が1042億ウォンなどの順だった。
  • 毎日経済 キム・ユテ記者 / 写真=韓進eHANEX | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-02-14 15:54:19