Eマートウィズミー、おかずだけの弁当「タロッパッ・トシラク」発売


Eマートウィズミーがご飯が入っていない、おかずのみで構成された「タロッパッ・トシラク(別々ご飯弁当)」を発売したと12日、明らかにした。

「タロッパッ・トシラク」は自分の好みに合ったご飯の種類と容量を選択できるように、おかずだけで構成された新しいコンセプトのお弁当だ。この製品は、コンビニエンスストアで販売している様々な種類のレトルトご飯を購入したり、自宅で自分で作ったご飯と一緒に楽しむことができるようにしたのが特徴だ。

Eマートウィズミーは玄米、雑穀などの好みに合ったご飯を望んだり、自宅で炊いたご飯と一緒に食べたいと願う消費者のニーズを考慮して「タロッパッ・トシラク」を発売することになったと説明した。

「タロッパッ・トシラク」は「豆腐キムチ弁当」と「プルコギ弁当」の2種類で、価格は3,500ウォンだ。

新発売を記念して23日まで、様々なプロモーションも進行する。

「タロッパッ・トシラク」とヘッパン(レトルトご飯)(210g)で構成されたコンボ商品を約20%割引された価格(4,000ウォン)で購入することができ、新韓カードでの購入時には20%追加割引される。「タロッパッ・トシラク」 単品またはコンボ商品購入時にはピングレの「ヨープレプレーン味(85g)」を贈呈する。

このほか、Eマートウィズミーは先月オープンした「ご飯炊きコンビニ」コエックス1号店で「タロッパッ・トシラク」を購入した消費者が店頭にて炊いたご飯を購入できるようにする計画だ。

チン・ヨンホEマートウィズミーMD担当常務は「ホンバプ(ひとりゴハン)族の多様化している味覚とニーズを満たし、食物廃棄量の減少効果を通じた環境保護のためにおかずだけで構成された、新しいコンセプトのお弁当を開発することになった」とし、「今後も消費者の味覚を魅了するために新しい試みを継続的にしていく」と明らかにした。
  • 毎日経済_パク・ウンジン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-05-12 11:03:42