量を40%少なくしたミニラーメンが登場


SKプラネット11番街は三養食品と手を組み、重量とカロリーを既存ラーメンの半分ほどに減らした「おいしいラーメン ミニ」を発売したと明かした。

70グラムで290キロカロリーのこの商品は、2007年に発売されたオリジナル「おいしいラーメン」の重量(115グラム)とカロリー(480キロカロリー)をそれぞれ40%ずつ減らした。これは小さなカップラーメン(65グラム)と似た大きさだ。

1つあたりの価格は既存ラーメン(1050ウォン)対比56%安い460ウォンだ。茹でる湯550~600mlが必要な一般ラーメンに比べて紙コップ2杯分の湯(400ml)で調理でき、大きな鍋の代わりにマグカップや保温瓶に沸いた湯を入れて簡単に食べることもできる。

11番街は来る31日まで単独で「おいしいラーメン ミニ」2500セット(1セット20個入り)を限定販売する。

キム・ヒョンジュ11番街提携マーケティングマネージャーは「おいしいラーメン ミニは夜食としてラーメンが食べたいが、負担なときやキャンプといった野外活動中に簡単な間食が必要な際に重宝するだろう」とし「既存ラーメンの量が負担な女性や子どもにも人気を集めそうだ」と話した。
  • 毎日経済パク・ウンジン記者/写真=SKプラネット、三養食品、 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-10-26 14:26:55