トップ > 数字経済 > 企業 > 韓国フランチャイズ産業協会が「自浄実践案」を発表

韓国フランチャイズ産業協会が「自浄実践案」を発表


■ フランチャイズ革新案を公開

  • 韓国フランチャイズ産業協会が「自浄実践案」を発表
△写真=韓国フランチャイズ産業協会(IKFA)が自浄実践案を発表:27日、ソウル市の中小企業中央会で開かれた「フランチャイズ産業協会自浄実践案発表会」に出席したキム・サンジョ公正取引委員長、チェ・ヨンホン フランチャイズ革新委員長、パク・キヨン韓国フランチャイズ産業協会長(左4から)が手を取り合っている。 [イ・スンファン記者]

加盟事業法上で最大10年に限られた加盟店主らの「加盟契約更新要求権期限」を無期限に延長する案が業界で自主的に推進される。100店舗以上の加盟店を保有する加盟本部を対象に、1年以内に独自の相互協力組織である加盟店事業者団体を構成するようにする案も実行される。

27日、「韓国フランチャイズ産業協会(IKFA)」はソウル市汝矣島の中小企業中央会で記者会見を開き、このような内容を骨子とした「韓国フランチャイズ産業協会自浄実践案」を発表した。今回の自浄案は、△加盟店事業者とのコミュニケーション強化、△流通暴利の根絶、△加盟店事業者の権益保障、△健全な産業の発展など、4つの核心主題にに合わせて総11件の推進課題で構成された。

自浄案によると、加盟店主の交渉力を高めるために加盟店100店舗以上の加盟本部は、1年以内に店主と協議を経て代表性のある加盟店事業者団体を構成し、共存協約を締結しなければならない。協会は加盟店事業者団体が構成された加盟本部の割合を、現在の14%水準から90%以上にまで引き上げて、加盟本部と加盟店主が対等な立場で相互に協力できるようするという方針だ。昨年末時点で加盟店100店舗以上をもつ加盟本部は344社で、これらは全体加盟店21万8000店舗のうち73%を占めている。

自浄案は加盟店主の安定事業権の保護のために、契約更新要求権を行使できる期間の制限も廃止することにした。加盟本部が一方的に加盟契約を解約したり、不公正な更新条件を提示することも防ぐ。

「ミスターピザのチーズ通行税」論議などで問題となった、必須購入物品の押し売り自制のための努力も行われる。必須アイテムの範囲をブランドの品質と、サービスの同一性維持のために必要な物品に最小化する。必須物品の原産地、メーカー、加盟本部の特殊関係人の関与の有無などの関連情報も、情報公開書に記載するようにする。協会は長期的に加盟本部と加盟店主の収益・損害を共有する「ランニングロイヤルティ」制度の普及を推進する方針だ。

フランチャイズ協会は教授・弁護士・市民団体などの外部の専門家で構成されたフランチャイズ革新委員会を構成し、約3ヶ月間の議論を経て今回の自浄実践計画を整えた。

今回の自浄案をめぐって「方向性は合格点」だという評価が出ている。これまでの不公正な業界慣行について率直に認め、改善の意志を強く示したという点だ。特に加盟事業法上の規定を超えて、加盟店主に無期限で契約更新要求権を自律的に付与するという内容は、今回の自浄案の中ではかなりの悩みの末に作成したという点を示しているという評価だ。

金尚祚(キム・サンジョ)公正取引委員長もこの日、激励の言葉を通じて「加盟店主協議会を構成して協議権を保障し、必須品目においてリベートの受け取りの履歴や供給者が加盟本部と特殊の関係にあるのかなどを公開することにしたのは非常に肯定的だ」とし、「加盟店主の契約更新要求権を、法律で保証された10年を超えて無期限に認めることも意味のある改善策」だと評価した。

キム・テフン加盟店主協議会事務局長も、「100店舗以上の加盟店を持つフランチャイズ本社は現在300社をはるかに越えるが、このうち加盟店主団体があるのは40社にもならないのが現実だ」とし、「加盟店事業者団体を積極的に構成するようにした点は非常に歓迎すべき部分だ」と話した。

ただしフランチャイズ協会は強制力を持つことが難しい自律機構であるという点から、実現可能性には疑問符がつく。実際に、加盟店事業者団体の構成や必須物品の最小化など、多くの方案は加盟本部側に勧告する形で推進される。

必須物品の関連情報に対する公開範囲などの詳細内容が確定されていない点も課題だという指摘だ。販促費・店舗環境改善費など、加盟店主に大きな負担を与える一部の項目についても対策が用意されていない点も、今後に議論すべき部分として選ばれた。

今回の自浄案の発表をきっかけに、フランチャイズ業界に対する公正取引委員会の圧迫が多少は低くなるのかにも関心が集まっている。キム・サンジョ公正取引委員長は「自浄案で肯定的な面を見たが、一部補完したり発展させなければならない部分もある」とし、「今日は終わりではなく新たなスタートという気持ちで、協会次元で自浄実践計画を補完・発展させてほしい」と話した。
  • 毎日経済 ペク・サンギョン記者 / ソク・ミンス記者 / イ・ヒス記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-10-27 20:01:02