ハンファエネルギー、ハワイの太陽光発電事業を受注


ハンファエネルギーは海外で太陽光発電事業を新たに受注し、領土の拡張に乗り出した。

ハンファエネルギーは21日、米国ハワイ電力庁(HECO)が主管した「太陽光・エネルギー貯蔵装置(ESS)発電所建設・運営事業」入札で、最終契約者に選定されたと明らかにした。

ハンファエネルギーは今回の契約で、ハワイのオアフ島に52MW(メガワット)規模の太陽光発電と208MWh(メガワット時)のESSバッテリー容量を連携した発電所の建設事業に参加し、20年間の運営権も得ることになった。事業の全体規模はプロジェクトの開発コストと建設費用などを合わせて約1億4000万ドル(約1570億ウォン)に達する。

ハンファ側は「国内企業の中で単一プロジェクトのバッテリー容量ベースで最大容量のビジネスを、エネルギー新事業分野の大国である米国から受注したことに大きな意義がある」と説明した。

ハンファエネルギーは昨年2月、ハワイ電力庁の電力需給契約の入札提案要請書を受理した。ハンファエネルギーの関係者は、「今回のプロジェクトの最終的な契約対象者に選定された7つの会社には、世界1位のESS企業である米国AES社をはじめとして世界的なESS企業が含まれており、海外市場でいっそう高まったハンファエネルギーの位相と競争力を認められた」と述べた。

ハンファエネルギーのリュ・ドゥヒョン代表取締役は、「太陽光発電とESSの融合は将来のエネルギー産業を主導する革新的な技術であり、ハンファエネルギーは今後も新技術を迅速に採用して、国内だけでなく世界的なエネルギーのリーダーとして浮上するための努力を続けていく」と語った。

ハンファエネルギーは子会社である174パワーグローバル社を通じて、今回の事業の開発からの資金調達から発電所の運営まで、太陽光発電事業の全分野を直接遂行している。 174パワーグローバルは北米の太陽電池市場での電力需給契約の締結は約1GW(ギガワット)、開発では約9ギガワットのプロジェクトを保有する業界の強者として評価されている。これに先だってハンファエネルギーは最近、総事業費3000億ウォン規模の米国テキサス州中西部のペコス郡で「ミッドウェイ太陽光発電」事業も行っている。 236メガワット規模で建設され、テキサス州内で年間5万世帯以上の電力を供給できる大規模な事業だ。今年12月に竣工する予定であり、来年から商業生産に突入する。

ハンファエネルギーは最近、米国領のグアム電力庁(GPA)が主管した国際再生可能エネルギー入札で、太陽光発電(60メガワット)とエネルギー貯蔵装置(ESS)を組み合わせた事業も受注した。

ハンファエネルギーは金升淵(キム・スンヨン)ハンファグループ会長の「質的成長(Quality Growth)2020」ビジョンの一環として、2020年までに10ギガワット以上のパイプラインを確保して「グローバルナンバーワン」太陽光発展企業に跳躍するという目標を持っている。
  • 毎日経済_カン・ドゥスン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-01-21 19:32:26