韓国日産、今年末に韓国市場から撤退

アフターサービスは2028年まで提供 

  • 写真出処=韓国日産


日本製品不買運動の影響と「新型コロナウイルス感染症(コロナ19)」の拡散で困難に直面している韓国日産はけっきょく韓国を去る。

韓国日産は28日、今年12月末付で韓国市場から日産およびインフィニティブランドを撤退することを決定したと明らかにした。 2004年に韓国に進出して16年ぶりだ。韓国日産はこの日、立場表明を通じて今回の撤退はグローバルレベルでの戦略的事業の改善策の一環として決定されたと発表した。

また中長期的に世界市場での健全な収益構造を確保し、持続可能な事業基盤を整えるためにグローバル本社で下した最終決定だと付け加えた。

韓国日産は事業を継続するための努力にもかかわらず、対内外的な事業環境の変化によって韓国市場での状況がさらに悪化し、本社は韓国市場で再び持続可能な成長構造を備えることは難しいと判断したと説明した。

韓国日産の販売は12月末付で終了するが、既存の日産とインフィニティの顧客のための車の品質保証、部品管理などのアフターサービスは2028年まで、今後8年間は継続して提供する計画だ。
  • 毎日経済_チェ・ギソン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-05-28 18:23:18