SKイノベーション、米ジョージア州で大規模な現地採用発表

バッテリー工場の稼働にそなえ 

SKイノベーションは米国ジョージア州のバッテリー工場の工事現場で、大規模な現地採用計画を発表した。最近、米国現地で問題となった韓国人の不法就労問題を払拭するとともに、世界の自動車メーカーの最大の激戦地としてあげられる北米市場で、果敢な投資を通じてバッテリー企業としての地位を堅固にするという戦略だ。

SKイノベーションは21日(現地時間)、米国ジョージア州アトランタから北東に約70マイル(約113㎞)離れたジャクソン郡コマース市に建設中の2つの電気自動車用バッテリー工場のうち、第1工場の最初の生産に備えて2021年末までに1000人以上の熟練した現地人材を採用する計画だと明らかにした。

SKイノベーションは米国のバッテリー事業子会社であるSKバッテリーアメリカを通じて最近、現地での生産監督と生産・工程・電気エンジニア、品質・物流の専門家などで構成された60人の従業員をすでに採用している。これらはコマース市に建設中の第1・第2工場の初期安定化作業と、今後に雇用される電気自動車用バッテリー生産者のトレーナーの役割などを担うことになる。

現地でSKイノベーションが新たに創出する雇用は、生産オペレータから高度に精巧な電気自動車用バッテリー(リチウムイオン電池)のセルを開発するエンジニアまで、さまざまな職種が含まれる。

このような人材採用と職務教育などのために、SKバッテリーアメリカは去る7月末にジョージア州のクイックスタートプログラムおよびラニアー・テクニカル大学と、2600人あまりの新規雇用の創出と関連する教育協約を締結した。これを土台にSKバッテリーアメリカは、今年末までに現地で150人以上の従業員を採用して、来年には900人を追加で雇用する計画だ。
  • 毎日経済_ウォン・ホソプ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-09-23 20:55:18