斗山重、風力発電を活用した水素生産事業に着手


斗山重工業が済州道など手を握り、風力発電を活用したクリーン水素事業に飛び込む。未来の有望事業として育成している「親環境(環境にやさしい)エネルギー」事業にいっそうの速度が付く見通しだ。

斗山重工業は25日、済州エネルギー公社が主管して産業通商資源部と韓国エネルギー技術評価院が支援している「グリーン水素製造・貯蔵・利用実証事業」を推進するための課題協約を締結したと発表した。協定には済州道庁と韓国中部発電、韓国ガス公社など10の機関や企業が参加した。

今回の実証事業は、済州エネルギー公社が保有している東北・北村風力発電団地で進める。風力発電を利用して水素を生成できる設備構築のための「テストベッド」性格で、国内では今回が初めてだ。

斗山重工業は水素製造・圧縮・保存などの水素プラント全体の統合設計と監理を行い、エネルギー管理システム(EMS)の開発などを担当する。総事業費は約200億ウォンで、事業期間は2022年12月までだ。ここで生産された水素は、済州道に導入する予定の水素バスの燃料として使用される。

水素は製造方法によって、石油化学工程の副産物として出てくる「腐生水素」、天然ガスを改質して作る「抽出水素」、水を電気分解して生成する「水電解水素」に区分される。特に風力などの再生可能エネルギーで電気を作り、その電気で水を分解して作られた水素は二酸化炭素などの環境汚染物質を排出させない「クリーン水素」と呼ばれる。
  • 毎日経済_ソン・グァンソプ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-11-25 17:12:02