2021、韓国文化は天高く…文化芸術系の記録を大行進



  • (上左から)ビルボードチャートで12週間トップを記録した防弾少年団(BTS)、世界94カ国で1位を記録したドラマ『イカゲーム』、(下左から)韓国人で初のオスカー助演女優賞を受賞した俳優ユン・ヨジョン、故李健煕(イ・ゴニ)サムスン会長の遺族が寄贈した李仲燮(イ・ヂュンソプ)の作品『ファンソ(黄牛)』(左から)。


パンデミックで実りの少なかった世界でも、韓国の文化芸術界は驚異的な記録の連続だった。 74歳のユン・ヨジョン氏は国内俳優では初めてオスカー助演女優賞を受賞し、ドラマ『イカゲーム』はなんと世界94カ国で視聴率1位に上がった。防弾少年団(BTS)は今年も米ビルボードチャートのトップを12週間も占め、世界音楽界の主流になった。これまで停滞した美術界は故李健煕(イ・ゴニ)サムスン会長の遺族による歴代級文化財・美術品2万3283点の寄贈にささえられて活気を取り戻し、アートテックの熱風が吹いて年間売上高1兆ウォンを超える。

毎日経済新聞は奇跡とも同様の瞬間を演出した、今年の文化芸術界の主要な記録を振り返った。

■「1番目」:韓国人初のオスカー助演女優賞

俳優ユン・ヨジョン氏は去る4月、米アカデミー授賞式で光る黄金トロフィーを抱きしめながら笑っていた。長いあいだコロナ19で心から疲れていた韓国映画界と観客を慰める完璧な笑顔だった。ユン・ヨジョンのオスカー助演女優賞の受賞は、韓国では前例のない最初の受賞だった。昨年『寄生虫』の4部門席巻に続く慶事だった。米国に移民した娘婿と娘そして孫たちに食べさせようとコチュカル、ミョルチ、漢方薬と「どこでもよく育つ」ミナリの種まで包んで行った韓国のハルモニは、世界人の普遍的共感を得る偉大な女性になった。 10年あまりの米国生活を通じて得た流暢な英語の実力と質問者の許を突く高品格のユーモア、「俳優はラクに、好きでなったのではなかった。食べるために選んだ。そしたらいつの間にか演技を深く愛するようになった」というユン・ヨジョン氏の告白はひろく感動を呼んだ。

■「94カ国」:世界を襲った『イカゲーム』ブーム

童心を刺激するゲームの中で繰り広げられる血の戦いを、世界人はまるで魅惑されたように視聴した。『イカゲーム』は世界94カ国でネットフリックスのランキング1位に上がり、「東洋の小さな国の大韓民国コンテンツが全世界の超一流の標準になりうる」という名誉ある事実に気づいた。俳優イ・ジョンジェ氏とパク・ヘス氏、ホ・ソンテ氏などを除けば映画やドラマではあまり見ることのなかったオ・ヨンス、チョン・ホヨン、キム・ジュリョン、ウィ・ハジュン、アヌファムなどの主要な登場人物が、世界人の暴風のような関心に面食らう姿がひんぱんに観測されるほどだった。特に最大の関心は女優チョン・ホヨンだ。彼女のインスタグラムのフォロワー数は現在2300万人を超えた。長く忘れられていた言葉「カンブ」は、政界でも一般的な言葉になるほどの流行語になり、緑色の体操服を着た外国人たちが「ムグンファの花が咲きました」やタクチチギをする外信の写真がニュースチャンネルを毎日のように飾った。

■「12週間」:BTSのビルボード1位記録

昨年に防弾少年団(BTS)が『ダイナマイト(Dynamite)』で韓国人では初めてビルボードホット100の頂上に上がって以後、彼らの曲が1位を獲得するのは当たり前のことになった。これを超える記録が出るという期待は大きくなかったが、今年は12回もビルボードの頂上に自分たちの曲を押し上げて、世界的ボーイズグループの姿を誇示した。

今夏のビルボードホット100チャートで、BTSは自分たちの曲が競争する珍風景を繰り広げた。去る5月にリリースした『Butter』が7週連続で1位を記録した。 7月には『パーミッション・トゥ・ダンス(Permission to Dance)』がその座を継いだ。逆走し始めた『Butter』は2週間で再び首位を奪還し、ビルボードで10週以上1位を記録した歴代で40曲目のタイトルになった。 10月には英Coldplay(コールドプレイ)とコラボした『マイ・ユニバース(My Universe)』が1位に上がった。

■「1,000,000,000,000ウォン」:ウェブトゥーン売上高1兆突破

韓国が生んだウェブトゥーンは、今や国内だけでなく世界の人々が楽しむ産業として拡散した。デジタル化に合わせて漫画を紙からデジタル機器の画面に移す試みは、漫画を多様で手軽に楽しめる文化に変えた。今年、韓国コンテンツ振興院が発表した昨年のウェブトゥーン産業の売上げ規模は、前年比で64.6%成長した1兆538億ウォンを記録した。実態調査が始まって以来で1兆ウォンを超えたのは初めてだ。

ウェブトゥーンそのものを消費する人々が増え、ウェブトゥーンを原作にしたドラマと映画製作が活発になり、右上向きの曲線を続けた。積極的な海外進出で、紙媒体の漫画が一般的な国でもウェブトゥーンが積極的に受け入れられている。国内の主要なウェブトゥーンプロバイダーの海外進出作品数は総5524件で、前年(2363件)の倍以上に増加した。

■「23,283点」:李健煕コレクション「世紀の寄付」

去る4月、故李健煕(イ・ゴニ)サムスン会長の遺族が寄贈した2万3283点の文化財・美術品は、国民への大きな贈り物になった。価格をつけることができない「無價之寶」である国宝謙齋鄭敾の『仁王霽色図』や宝物『高麗 千手観音菩薩図』など、60件の国家指定文化財をはじめとする遺物を国立中央博物館に喜捨し、李仲燮(イ・ヂュンソプ)の『ファンソ』と金煥基(キム・ファンギ)の点描画『サヌリム』などの韓国近現代美術の傑作と、モネやシャガール、ピカソ、ゴーギャンにダリなどの西洋名作を国立現代美術館に寄贈した。米ロックフェラー財団の寄付に劣らない世紀の寄贈に、観覧客は熱狂した。国立現代美術館と国立中央博物館、大邱美術館、全南道立美術館など、寄贈された場所で開かれた李健煕コレクションの展示は予約難が起こるほどだった。政府は寄付の意志を称えるために、景福宮の隣の松覬洞公園内に寄贈品を一堂に集めた李健煕寄贈館(仮称)の建設を進めている。

■「922,300,000,000ウォン」:1年ぶりに2倍に成長した美術市場

李健煕(イ・ゴニ)コレクションが打ち上げた美術品の熱気が豊富な流動性と噛み合って、今年は美術の取引市場も垂直上昇した。芸術経営支援センターの美術市場調査によると、今年の美術市場の取引き規模は9223億ウォンと推定された。昨年の集計額3849億ウォンよりも約2.4倍に跳ね上がった。コロナ19以降は活発になったオンラインオークションが市場への参入障壁を下げて、オークション市場の売上げは1年のあいだに1139億ウォンから3280億ウォンに膨張した。国内の代表オークション企業であるソウルオークションの株価も2倍に跳ね上がった。去る10月に開かれた韓国最大の美術会場である韓国国際アートフェア(KIAF)はわずか5日で売上げ650億ウォンと訪問客8万8000人(重複入場を含む)で歴代最高を記録し、画廊による取引きも活発だった。韓国芸術総合学校のヤン・ジョンム教授は「豊かな流動性の流入で一人当たり国民所得3万ドルを超え、若い層の主導で美術品の購入熱気が熱かった」とし、「流通市場の先進化が続くならば市場はさらに成長するだろう」と語る。

■「1600点」:仁寺洞の金属活字出土

去る6月末、ソウル市鍾路区の公平区域第15・16地区再開発工事現場で、国宝級の朝鮮前期金属活字1600点あまりが出土した。これだけでなく、世宗~中宗の時期の水時計の「籌箭(チュヂョン:時間を知らせる連結装置)」と世宗期の天文時計「イルソンチョンシウィ(日星定時儀)」、中宗~世祖期のチョントン(銃筒)類とトンヂョン(銅鐘)も出土した。特にグーテンベルクの金属活字本よりも印刷時期が早い世宗~世祖期の「甲寅字」と世祖期の初期ハングル活字が実物で確認されて話題になった。「訓民正音」が創製された時期である15世紀だけに使われていた「東國正韻」式表記法などが刻まれた金属活字が実物で確認されたことも初めてだ。今回発掘された遺物1755点は国立故宮博物館で年末まで、特別展の形で一般に公開された。

■「1,000,000冊」:百万読者『タラグート夢百貨店』

予想できなかった熱気だった。文学の読者がますます減る時代に、同じ本をあるひとつの言語圏の100万人が読むという夢のような話。『タラグート夢百貨店』はその魔法のような話を現実に成し遂げた。 2020年代に入って初めて100万部の販売を超え、すでに芸術家は今年最高の人気小説家として急浮上した。睡眠が来ることを助ける間食を売るフードトラック、テモンを作る伝説の夢制作者、裏寂れた路地の奥で「悪夢」を作って売る製作所、万年雪の山小屋で年に一度だけ商店街に降りてくる夢制作者など、説明だけで夢幻の世界に読者を案内する吸引力のある話が繰り広げられる。読者は100万人だけではなかった。今年の全国公共図書館貸出し1位もまさに『タラグート夢百貨店』だった。はたして全国民が夢を求めた一年だったというわけだ。

■「352年」:パリ・バレエ団初の東洋シニアダンサー

世界の最頂上のバレエ団である仏パリ・オペラ座バレエ団(Paris Opera Ballet/BOP)で活躍中のバレリーナのパク・セウン(32)氏は、入団10年めで首席ダンサー(エトワール)に上がった。 1669年に設立されたパリ・オペラ座バレエ団は世界最古のバレエ団で、352年の歴史でアジア人がエトワールに上がったのはパク・セウン氏が初めてだ。シニアダンサーを指すフランス語「エトワール」は「星」を意味する。文字通りパク・セウン氏は世界舞踊界の星になったわけだ。バレエは徹底した階級社会だ。概してバレエ団では団員を5つ内外の等級に分け、それに合った役割を与える。公演で主人公は当然シニアダンサーの分け前だ。バレエ団で長く活動したからといって、昇級が行われるわけではない。シニアダンサーに至らずにバレエダンサーとしてのキャリアを終えるケースがほとんどだ。
  • [イ・ハンナ記者/オ・スヒョン記者/キム・ユテ記者/パク・テウィ記者
  • 入力 2021-12-30 17:51:07