「韓国の書院統合保存管理団」イ・ベヨン理事長

ユネスコ文化遺産「紹修書院」 

  • ユネスコ世界文化遺産に登録された慶尚北道榮州の紹修書院の松林の中で先月、イ・ベヨン理事長に会った。紹修書院の松林は書院の垣根の内側にまでのびており、勉強する木という意味の「ハクチャス(学者樹)」と呼ばれる。 イ・スンファン記者



梨花女子大学史学科の新入生の頃、1965年の秋だった。最初の学期の踏査地である江華島伝燈寺に続き、第2の踏査地に向かう道、その日の目的地は慶北・榮州の「ソサソウォン(紹修書院)」で、窓の外に見えるリンゴ畑はきれいに片付いていた。書院に到着し巨大な松の群落の向こうに広がる風景を見て、何か果てしなく漠然としたものを感じた。満54年が流れ、2019年7月にその学生は第43回ユネスコ世界遺産委員会が開かれたアゼルバイジャンのバクー市に居た。通っていた大学の総長として過ごしつつ、胸のおく深くに抱いていた「書院のユネスコ世界文化遺産登録」というアイデアが実を結ぶ直前だった。登録が確定した後に歓呼する、笠をかぶり道袍をまとった儒林たちの間で、彼女のピンク色のジャケットがひどく目立った。

「韓国の書院」に関する紀行文を毎日経済新聞に連載する予定の「韓国の書院統合保存管理団」イ・ベヨン理事長(73)を、3時間をかけて到着した紹修書院の入り口で会って松の林を歩きながら会話を始めた。

- 今日は場所が印象的だ。昔のインタビューを見つけて読んだが、1965年にここ紹修書院に踏査で来たことを確認した。 55年前のその日をまだ覚えているだろうか。

△ 夜、電車から降りて貸切バスに乗ってがたがた道を走って到着すると、ここだった。チ・ホンソプ先生とハム・ホングン先生に同行した踏査した。頭で学んだことが胸に入ってくる感じだったというか…史学科にして良かったと思ったし、また逆らうことができないある精神を感じた。私には「最初のボタン」をとてもうまく留めた踏査だった。

- 当時の風景と大きく変わったのだろうか。

△ そこに見える駐車場のまわりはことごとく田畑だった。入ってくるときの松の群落はより豊かになったが、その時も場所はそのままだったし...。浮石寺に向かいときに見たリンゴの木を特に覚えている。

- 書院のユネスコ登録を初めて着目したと聞いた。感慨は格別だろう。

△ 世界文化遺産を作ることは容易ではないことを知っていた。書院の価値に注目して胸の中に長く抱いていたが、梨花女子大の総長を務めていたことから実践できなかったので、総長を終えてから動いた。大院君が毀撤しかった書院は47ヶ所だが、日本の植民地支配と韓国戦争を経て、原型が維持された書院は9ヶ所であることを確認した後に本格的に出発した。

- ユネスコ世界遺産委員会が開かれた昨年7月、バクーでも緊張感はたいへんなものだっただろう。

△ その日は38の案件が上がってきたし、「韓国の書院」案件は19番目だった。午後3時20分に始まり、20分間審査した。正確に3時40分、歓呼の中で涙が出た。落ちれば次の約束はできないので切実だった。隱忍自重して祈る気持ちが強かった。書院と儒林、地方自治体、文化財庁、外交部が心を合わせたことkら可能だった。

- 最も手ごわかったときは?

△ 最初は周囲に乱開発された書院がほとんどだった。郡と市で土地を買い取るべきなので、個人レベルでは解決が不可能だった。その頃郡守室に行き、市長室に行って説得してくださった儒林の功が大きい。

- バクーでの秘話は?

△ 儒林の方々が白い道袍と冠をかぶって、会場のまんなかに位置した。遺産登録が確定し、セレモニーで丁寧に頭を下げて揖礼したところ歓声がすごかった。禮を果たす心が込められたセレモニーが卓越していたのだ。言語は違っても、東西の美しさには相違がない。

- 中国で最大規模を誇る孔子廟に立ち寄ったことがある。中国の過去の受験者が残した、30メートルにも及ぶ巨大な巻物試験紙の束がたいへん印象的だった。立身を目指す中国とは異なり、韓国の書院は講学(学問を磨き、研究する)それ自体が目的なので、両方の違いは大きいと聞いた。

△ 両国の書院は同じようで異なる。中国の書院は孔子だけを享する。韓国の性理学は中国から来たが、韓国の書院は科挙の試験準備の場ではなかった。修身と修己に集中する空間だった。また書院ごとに先賢を享するが、たいがいはその地域出身の人物が対象だ。享する人物が修学者と近いという意味だ。

- 韓国とは異なり中国の書院は都心にある。

△ 都心に位置した中国の書院とは異なり、韓国の書院が持つ秀麗な自然景観と特殊な木造建築の卓越性は世界が認めるところだ。

- 書院の価値はなぜ保存されて当然だろうか?

△ 性理学的価値を盛り込んだ書院が、なぜユネスコの共感を受けたのかについての質問として理解する。精神の徳目を喪失した今日では、私たちは過去から未来へ行く道である精神を見つけることができると信じている。そのような点から見ると、儒教の格言である「敬以直内義以方外」で答えることができる。「敬うことによって心をまっすぐにし、義として外にあらわれる行動をまっすぐにする」という意味だ。書院の価値を発見する糸口が隠されている。

- 3月初めに慶北の安東陶山書院で、500年の歴史で初めて女性として献官をつかさどる予定だった。「コロナ19事態」で秋に延期されて残念だが、そのようなニュースだけで前例のないことであることは明らかだ。朝鮮時代以降、女性が最初の杯を上げる献官を務めたことは一度もなかったと聞いている。

△ 闘争して開いたわけではないが、太陽の光が氷を溶かすように温めて開いたという点では感謝している。書院のユネスコ登録に対する感謝の意味だろう。感謝と感謝が出会えば何でもできると考える。保守的な儒教式の祭祀であることから女性の参加は不可能だったが、書院のパラダイムが変わる時点に達したと見ている。初獻官の役割りは秋季に延期された。

- 過去の著書を読んだところ、こんな文章を読んだ。「女性にも歴史がある」。男性の裏面に隠れた女性を明らかにすることの重要性を学者として探ってみるとすれば。

△ 1927年に出版された『朝鮮女俗考』にこんな話がある。人類の半分が女性なのに、なぜ赤ちゃんが泣いたり虎が登場すれば、なだめるような役割の女性だけが描かれたのかについての疑問というか。歴史は史官の視野に応じた選択の産物であり、主に史官から捨てられる対象は女性だった。しかし女性は歴史を受け継ぐもう一つの山脈だった。荷馬車も二輪があってこそ動くように、歴史という荷馬車を動かすもうひとつの軸が女性だったということだ。

- 修士論文を見た。手書きで書いた表紙が印象的だ。主題は列強の利権侵奪に関する経済史だった。

△ 経済史だった教授についたが、女性史に拡張した。「女性のプロット」を立てることを中心にしたことから、扱えなかった材料が多く見られた。ここ数年来、女性史博物館を推進している。

- ストーリーテリングは「イ・ベヨン」とブランドの、もう一つのアイデンティティだろうか?

△ 講壇や書斎から見ると、歴史を知るべきで主体である国民との乖離がある。ストーリーテリングは大衆化のための架橋であり、その時代の役割りを誰が果たし、どんな感動を与えたかを見るには法古創新の精神がしみ込んだストーリーテリングが必要だ。

- 紹修書院でのストーリーテリングは?

△ さっき一緒に通り過ぎてきた紹修書院の入り口には巨大な松群落が繁茂している。見上げると木が傾いた方向が、紹修書院の垣根の内側の講学堂だ。講学堂は当時、儒生たちが勉強していたところだった。そのためか、松の群落は正式名称さえもが「学者樹」で「勉強する木」という意味だ。勉強したいと垣根の中にまで頭を突き出した松の木たちだから、なんと立派ではないか。勉強しようとする気持ちが松にまで広がって、松の木々までも勉強したがるところが紹修書院だ。ここでは誰もが頭を下げる心になる。

- 韓国の書院9ヶ所のうち最高の秘境は?

△ 書院のすべての場所が私には宝石のような遺産であり、ひとつだけをあげることはできない。ただ、ここ紹修書院を例に挙げよう。松の群落を背に小川の向こう側を見やると、チュ・セブン先生が陰刻した敬者岩が見渡せる。絶景だ。しかし、逆に敬者岩から紹修書院を見上げる風景も美しい。自然の中で思索していた当代の儒生の心を思いおこすと謙虚になる。

朝鮮13代王の明宗が1543年4月に下賜した「明宗御筆紹修書院懸板」。今は複製品だ。


- さっきから目を引くが、そこに「紹修書院」と書かれた四文字の扁額を説明してほしい。

△ 第13代の王明宗が1543年4月に下賜した「明宗御筆紹修書院懸板 」だ。黒地に厳密な文字だ。学部生時代の1965年にここを訪れた時も、その扁額は同じところにかかっていた。今は複製品であり、本物は別に保管されている。依然として峻厳さを感じられる。

- 観念と混じった最後の質問を。歴史とは何でしょう?

△ 私達はすべて生を始めたが、結末を知らないて生きるのが一般的だ。歴史はしかし、あるいはまたどんな始まりが当初に考えていたことよりも瓦解したのかを教えてくれる。歴史はその岐路を告げてくれる。歴史は正しい始まりをみることになる座標だ。みすぼらしい始まりも派手な結末になることがあり、華麗な始りもまたみすぼらしい結末に転落することがある。

- 人間が過去を知ることの意味は?

△ 善い始まりと正しい結末を見ようとすること、始まりと結末を確認しようとする意志的行為が歴史だ。

▲ イ・ベヨン理事長は...

△1947年1月、ソウル生まれ、△梨花女子大史学科教授、△梨花大学人文学部長、△第13代梨花女子大学総長、△韓国私立大学総長協議会長、△韓国大学教育協議会長、△国家ブランド委員長、△韓国学中央研究院長、△文化財委員会世界遺産分科委員長、△韓国女性史学会、△朝鮮時代史学会、△韓国の書院統合保存管理団理事長
  • 毎日経済_榮州=キム・ユテ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-03-10 21:39:23