キム・ジョンファ、夫の「同性愛反対」発言を謝罪 出演中ドラマ影響か


  • ユ・ウンソン SNS

女優キム・ジョンファが夫で歌手ユ・ウンソンの発言を謝罪した。

25日、キム・ジョンファの所属事務所SOLTエンターテイメントの関係者は夫ユ・ウンソンの同性愛と関連した発言について「心配をおかけして申し訳ない。公式コメントを明らかにするのが難しい点、ご了承お願いする」と慎重な立場を明らかにした。

先立ってユ・ウンソンはキム・ジョンファが最近出演しているtvNの週末ドラマ『MINE』について軽率な発言をして物議をかもした。

熱心なキリスト教信者でCCMシンガーソングライターのユ・ウンソンは自分のSNSに、とあるネットユーザーが「『MINE』を見たところ、妻の方が同性愛者と推測される役で出演していた。少し残念に思えた。同性愛を理解しようとする意味でその役を引き受けたのか」というコメントを残すと、「ドラマを最後まで見ると分かるようになる」とコメントを残した。

続いて「ドラマの内容をばらすことができないのでこれ以上はお話できないが、一人の人間がその状況に苦悩し、最終的には正常に戻って行くようになる内容だ。同性愛ではない」とし「制作陣が同性愛としてノイズマーケティングしているようだ。私たち夫婦は同性愛に反対する」と自身の考えを主張した。

ユ・ウンソンは同性愛に対してだけでなく、ドラマのネタバレをするような発言で指摘を受けた。しかし、彼はまだ無返答で一貫している。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ナヨン記者
  • 入力 2021-05-25 15:29:21