ソ・ヒョンジン&キム・ドンウク主演ドラマ「君は私の春」本格ロマンススリラーがスタート


▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • ドラマポスター

本格的なロマンススリラーが登場した。

5日にスタートしたtvNの新しい月火ドラマ『君は僕の春』(脚本イ・ミナ、演出チョン・ジヒョン)はチュ・ヨンド(キム・ドンウク)とカン・ダジョン(ソ・ヒョンジン)の出会いが描かれた。

カン・ダジョンの母ムン・ミラン(オ・ヒョンギョン)は夫から家庭内暴力を受け、子供のカン・ダジョンを連れて家を出た。カン・ダジョンは大人になった後も、まだトラウマから抜け出せずに問題のある男性との交際を続けた。

カン・ダジョンはクグビルに引っ越して過去を清算すると約束した。クグビル3階で謎の殺人事件が発生した。チュ・ヨンドはクグビルの3階に病院を開院し、カン・ダジョン、パク・チョルド(ハン・ミン)、パク・ウンハ(キム・イェウォン)と同じビルで生活を始めた。

チェ・ジュン(ユン・バク)はカン・ダジョンに好感を持って積極的なアピールを続けた。チュ・ヨンドはチェ・ジュンの姿を見守り、チェ・ジュンはチュ・ヨンドの病院を訪れた。チェ・ジュンはチュ・ヨンドの前で本性を表わし、チュ・ヨンドはチェ・ジュンがソシオパスだと考え、彼をクグビル殺人事件の犯人ではと疑った。

チュ・ヨンドはカン・ダジョンにチェ・ジュンに会わないように言い聞かせた。チュ・ヨンドはチェ・ジュンにもカン・ダジョンに会わないように話したがチェ・ジュンはチュ・ヨンドをあざ笑った。チュ・ヨンドはチェ・ジュンに「ソシオパス」だと伝えてドラマの緊張感を高めた。

『君は私の春』はそれぞれの七歳のころを胸に抱いたまま「大人」という名前で生きていく人々が殺人事件が起きた建物に集まって暮らすようになって始まる物語だ。

『君は私の春』は男女のロマンスから殺人事件、ソシオパスの登場というスリラーの設定まで、多様な素材を適切に接続した。

ソ・ヒョンジン、キム・ドンウク、ユン・バクの息をのむような熱演が『君は私の春』の完成度を高めた。

ソ・ヒョンジンとキム・ドンウクのロマンスから殺人事件の真犯人を探していくスリラーまで、期待を高める『君は私の春』に関心が集まる。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-07-06 07:01:02