トップ > エンタメ > スターニュース > 男子ショートトラックのファン・デホン「金メダル獲得後につらくて夜通し吐いた」

男子ショートトラックのファン・デホン「金メダル獲得後につらくて夜通し吐いた」


  • 男子ショートトラックのファン・デホン「金メダル獲得後につらくて夜通し吐いた」
  • MBC

ショートトラック国家代表選手のファン・デホンが「2022北京冬季五輪」ショートトラック1500メートルの試合後、肉体的苦痛を経験したと打ち明けた。

最近、韓国で放送されたMBCのトーク番組『ラジオスター』には韓国男子ショートトラック国家代表の5人の選手、クァク・ユンギ、ファン・デホン、キム・ドンウク、パク・ジャンヒョク、イ・ジュンソが出演した。

MCのキム・グラはファン・デホンに「競技が終わって仲間たちと宿舎で何をして遊んだのか?」と質問した。

ファン・デホンは「金メダルを獲得した後、たくさんの方が私が仲間たちと一緒に楽しく遊んだと思われているが、そうではなく便器をかかえて一晩中吐いた」と打ち明けた。さらに「クリーンな試合をしようと努力したため力が2倍、3倍に必要だったようだ」と付け加えた。

これを聞いた一番年上の選手クァク・ユンギは目を丸くして「僕は知らなかった」と驚いた。

キム・ドンウクは「部屋が遠いのに、吐いている音がずっと聞こえてきた」と説明した。

キム・グラが「ユンギさんはぐっすり寝て何も知らなかったようだ」と言うと、クァク・ユンギはファン・デホンを抱きしめながら気づいてあげられずに申し訳なかった気持ちを表現した。
  • ハン・イェリン スタートゥデイ インターン記者
  • 入力 2022-03-03 09:45:32