チ・ヒョヌがドラマに続いてミュージカル「キンキーブーツ」合流を確定

ミュージカル「Kinky Boots」 

俳優チ・ヒョヌが来る12月、忠武アートホールにて開幕するミュージカル『Kinky Boots(キンキーブーツ)』に電撃合流する。

軍除隊後、一層成熟した演技と紳士的なイメージで戻ってきたチ・ヒョヌが年末ミュージカル『Kinky Boots』を通じてミュージカル俳優として新しい変身を試みる。

彼が久しぶりにミュージカル舞台でカムバックを決定した際に『Kinky Boots』の音楽が大きく一役を買った。アメリカブロードウェイにて直接作品を観覧したチ・ヒョヌは「シンディ・ローパーが直接作詞、作曲した『Kinky Boots』の音楽を聴いて舞台に立ってみたいという気持ちが強く沸いた。中毒性のあるリズム、多様なジャンルで構成された音楽で観客たちと共に楽しめる舞台を作ることができると思う」と期待感を打ち明けた。

レベルの高いギター演奏実力と甘美なボイスを持ったチ・ヒョヌは演技活動と同時にギタリストとして活動した。2011年にはシングルアルバムを発売するなど着実な音楽活動を続けてきて最近ではドラマ『トロットの恋人』のOST『一日中』を直接歌って話題となったりもした。

これまでファンたちの間では歌と演技の実力すべてを兼ね備えたチ・ヒョヌのミュージカル舞台を継続して待っていた。2005年『Grease』でミュージカルデビューして以降、2013年『THE PROMISE』を経て今年の年末に『Kinky Boots』を通じてミュージカル舞台の上で観客たちと近くで出会う予定だ。

一方、ミュージカル『Kinky Boots』は来る12月に全世界初ライセンスとして韓国で公演されるブロードウェイ新作で実話を背景とした感動的なストーリー、シンディ・ローパーの個性が盛り込まれた楽しいポップとディスコ音楽で韓国を揺らす感動の舞台を見せる。オ・マンソク、キム・ムヨル、チョン・ソナ、コ・チャンソク等の実力派ミュージカル俳優たちが大挙参加して今冬、興行熱風を予告している。12月2日から2月22日まで忠武アートホールにて上演される。
  • スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2014-10-31 10:32:59