「テバク」5話、チョン・グァンリョルがチャン・グンソクに「復讐したいなら力つけろ」

「テバク」5話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『テバク』でチョン・グァンリョルとチャン・グンソクが直面した。

11日午後に放送されたSBS月火ドラマ『テバク』5話では、デギル(チャン・グンソク扮)が父マングム(イ・ムンシク扮)の死亡に嗚咽し、復讐を誓った姿が描かれた。

デギルに向かって飛んでくる矢を代わりに受けたマングムは、最終的に死亡した。

この事実を知ったデギルは嗚咽し、怒りを表した。

続いて彼は「父をこんな姿にした奴を見つけて、復讐する」と家を出た。

これに訪ねたところはイ・インジャ(チョン・グァンリョル扮)がいるところだった。

鎌を持ってイ・インジャを訪ねたデギルは「あなたが父を殺したんだろ」と叫んだ。

イ・インジャは興奮したデギルを見ても、穏やかに言葉を続けた。

彼は「それなら」とし「そうすれば、死んだペク・マングムが再び生きて帰って来るのか。お前の父の死体は家の裏の日当たりのよいところに埋めた」と言った。

続いて「私に復讐したいなら、私を倒すだけの力をつけて来い。私はいつもこの場所にいるから」と付け加えた。
  • MBNスター ソン・ジンア記者 / 写真=SBS放送「テバク」キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-04-11 22:29:02