トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「テバク」13話 チェ・ミンスがヨ・ジングとチャン・グンソクについて言及

「テバク」13話 チェ・ミンスがヨ・ジングとチャン・グンソクについて言及

「テバク」13話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。
  • 「テバク」13話 チェ・ミンスがヨ・ジングとチャン・グンソクについて言及
『テバク』でチェ・ミンスがチャン・グンソクとヨ・ジングについて言及した。

9日午後に放送されたSBS月火ドラマ『テバク』では、粛宗(チェ・ミンス扮)が淑媛チェ氏(ユン・ジンソ扮)に彼の息子ヨニングン(ヨ・ジング扮)とペク・デギル(チャン・グンソク扮)の関係について語るシーンが描かれた。

この日、粛宗は「2人がイ・インジャ(チョン・グァンリョル扮)に歯ぎしりをさせているようだが、実に危険に見える。兄弟かもしれない2人がお互いに刀でも向け合うことになったらどうするのか」と話を切り出した。

続いて彼は「結び目を解きなさい。解かないのであれば、切りなさい。2人の母であり、この歴史の始まりだからだ」と話した。その後、部屋を出た淑媛チェ氏は、衝撃により倒れた。
  • MBNスター チェ・ユンナ記者 / 写真=SBS画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-05-09 22:20:56