「タンタラ」15話 カン・ミンヒョク、チョ・ボクレの死の真実を知り衝撃受ける

「タンタラ」15話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『タンタラ』のカン・ミンヒョクがチョ・ボクレの死亡と関連した真実を知って衝撃を受けた。

8日の夜に放送されたSBS水木ドラマ『タンタラ』(ユ・ヨンア脚本、ホン・ソンチャン、イ・グァンヨン演出)15話では、シン・ソクホ(チソン)がチョ・ソンヒョン(チョ・ボクレ扮)の死と関連した真実をタンタラバンドのメンバーに告白する姿が描かれた。

イ・ジュンソク(チョン・ノミン扮)に自作曲を奪われて絶望したチョ・ソンヒョンが自殺したという事実を知ったシン・ソクホは、衝撃を受けた。悩んだ彼はタンタラバンドのメンバーと所属事務所の従業員を集めてチョ・ソンヒョンの死と関連した話を打ち明けた。

シン・ソクホは「『レジェンドアゲイン』に出るのはやめよう。『泣いてもいい』は、ハヌル(カン・ミンヒョク扮)が歌える曲ではない」と話した。これにタンタラバンドのメンバーたちが「編曲まですべて終えた」と困惑すると、シン・ソクホは「『泣いてもいい』は、チェ・ジュンハ(イ・ヒョヌ扮)ではなく、チョ・ソンヒョンの曲だった」と打ち明けた。これを聞いたチョ・ハヌルはショックを受け「その後、兄さんの曲を盗んだのか」と尋ねた。

続いてシン・ソクホは「唯一残っている家族だから、事実は知っておくべきだ」とし「チョ・ソンヒョンは心臓発作ではなく、漢江で投身自殺したのだ」と話した。これを聞いたチョ・ハヌルは大きな衝撃を受けて、涙を流した。

チョ・ハヌルは、自分自身を慰めに来たチョン・グリン(ヘリ扮)に「シン・ソクホが兄さんのもとを訪ねて来なければ、うちの家族は、今でもみんなで普通に一緒に暮らしていたのではないか。時間を元に戻すことができたたらいいのに」と話した。これにチョン・グリンは「ハヌルが濡れ衣を着てどうすることもできなかったとき、音楽をあきらめたときに代表が私たちの人生に入って来なければ、濡れ衣も晴らせずに音楽もできずに生きているだろう」と語りかけた。

チョ・ハヌルは「シン・ソクホの顔を見ることができるだろうか。彼の顔を見れば、兄さんのことばかり思い出すはずだ。耐えられるかな」と涙を流した。
  • シックニュース キム・ジヨン記者 / 写真=SBS画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-06-08 22:29:00