「魔女宝鑑」15話でもユン・シユンとキム・セロンの危機が続く

「魔女宝鑑」15話予告 

総合編成チャンネルJTBC金土ドラマ『魔女宝鑑』のホ・ジュン(ユン・シユン扮)、ソリ(キム・セロン扮)カップルの危機が一層高まっている。『魔女宝鑑』15話予告編では危機に直面したホ・ジュン、ソリの姿が収められており関心を高めている。

これまでの放送でソリが宣祖(イ・ジフン扮)殺害容疑を受けて牢獄に閉じ込められ、ホ・ジュンはソリを助けるために宣祖の病を治すと宣言した状況にて彼らの甘く切ないロマンスは15話でも継続される。牢獄を訪れたホ・ジュンは「私を信じて待っていろ。私がすぐに迎えに来るから」と伝えてソリの手を握り切ないロマンスを期待させた。

しかしホ・ジュンの努力もむなしく、危機は容易には消え去れない。ホ・ジュンが「ソリを思う気持ち」を神事、服用して欲しいと願って薬を作るが宣祖は苦しみを訴えて倒れ、ホ・ジュンとソリは便殿(王が起居した宮殿)に連れて行かれる。

宣祖が「お前らを斬首する」と宣言して二人は絶体絶命の危機に瀕する。予告編末尾ではソリが覆面をつけた男に拉致される場面まで公開され、今後繰り広げられるホ・ジュンとソリの受難が緊張感を高めている。

『魔女宝鑑』制作陣は「呪いの期限があまり残っておらず、呪いを解こうとするホ・ジュンとソリ、彼らを防ごうとするホンジュの対決が早い速度で展開される。この中で驚くべき反転が続出する展望なので多くの関心を持ち見守って欲しい」と伝えた。
  • シックニュースイ・ボラ記者 / 写真=アポロピクチャーズ、ドラマハウス、メディア&アート | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-07-01 16:13:00