トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「花遊記<ファユギ>」イ・セヨンとソン・ジョンホが悪の連帯を結成…緊張感高めるツーショット

「花遊記<ファユギ>」イ・セヨンとソン・ジョンホが悪の連帯を結成…緊張感高めるツーショット


  • 「花遊記<ファユギ>」イ・セヨンとソン・ジョンホが悪の連帯を結成…緊張感高めるツーショット
『花遊記<ファユギ>』でイ・セヨンとソン・ジョンホがイ・スンギとオ・ヨンソを脅かす「惡の連帯」結成ツーショットで緊張感を高めた。

イ・セヨンとソン・ジョンホはそれぞれtvNの土日ドラマ『花遊記<ファユギ>』(脚本ホン・ジョンウン、ホン・ミラン/演出パク・ホンギュン/制作スタジオドラゴン、JSピクチャーズ)で三蔵の血の力によりゾンビになったチン・ブジャであり千年以上封印されていた王に侍っていたアサニョ役を、ソン・ジョンホは社会学科教授で韓国最高の名家出身の秀麗な容貌とジェントルな態度で女性有権者の圧倒的な支持を受けて次期大統領選挙の有力な候補となってるカン・デソン役で熱演を繰り広げている。2人は王を作ろうとする者と王になろうとする野心を持った者として出会い、孫悟空と三蔵の運命を脅かす存在として見る人々を緊張させている。

特に、16話はアサニョ(イ・セヨン扮)がカン・デソン(ソン・ジョンホ扮)の神経を逆なでた博物館の館長を殺して、自分の力を見せつける場面が描かれた状況。アサニョの力に驚いてたカン・デソンにアサニョは「私にはもっとたくさんの能力があります」とカン・デソンを誘惑し、これにカン・デソンは「あなたができることのなかに王のための龍を呼ぶことも含まれていますか?」と野心を表わした。

アサニョもまた王を作りたいという野心をのぞかせながら、暗い世の中を作る悪の連帯が結成されたことを知らせた。

さらにアサニョは猪八戒(イ・ホンギ扮)を利用してカン・デソンと三蔵チン・ソンミ(オ・ヨンソ扮)を出あわせながら、三蔵チン・ソンミが魔法の壺を介して過去に見ていた世界が壊れる光景を、再び見るように仕向けた。世界の終わりが予告される様子が描かれ、危機を感じさせた。

何よりも来る24日に放送される17話はイ・セヨンとソン・ジョンホがますます強力になった極悪な面貌を見せて、密会している場面が描かれる。アサニョとカン・デソンはどことなく陰湿な場所で、静かなようでも冷酷な視線を取り交わす姿を見せた。アサニョは礼儀正しく堂々とした表情のまま意味深な笑顔を浮かべており、カン・デソンは怒りに満ちたように顔をしかめながらも、その後にはアサニョと満面の笑みた浮かべる姿で視線を集めている。これから2人の動きが孫悟空と三蔵チン・ソンミにどのような危機を招くのか注目を集めている。

一方、このシーンの撮影を控えてイ・セヨンとソン・ジョンホは明るい笑顔を作って撮影会場に登場した。ますます激しいなる悪の連帯結成という劇中の設定とは異なり、ソン・ジョンホは年齢差のあるイ・セヨンに配慮するマナーのある姿を見せ、イ・セヨンもまたソン・ジョンホの配慮により終始明るい笑顔で応えたかと思うと、シーンの意見を交換する姿で現場の士気を盛り上げた。このような呼吸をもとに2人は世界を暗くする悪の作戦を立てるアサニョとカン・デソンの姿を100%表現して、瞬く間に撮影現場を凍りつかせる熱演を繰り広げた。

一方、tvN土日ドラマ『花遊記<ファユギ>』は古代小説西遊記をモチーフに悪童妖怪の孫悟空と上品なジェントル妖怪の牛魔王が暗い世界で光を探し求める旅を描いた「絶対ロマン退魔ドラマ」で17話は韓国で24日、土曜日の夜9時に放送される。
  • スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 / 写真=tvN
  • 入力 2018-02-21 09:16:16