トップ > エンタメ > スターニュース > PSY、新沙洞で住宅を購入…不動産の財テクも「江南スタイル」

PSY、新沙洞で住宅を購入…不動産の財テクも「江南スタイル」


  • PSY、新沙洞で住宅を購入…不動産の財テクも「江南スタイル」
歌手PSY(本名パク・ジェサン)が財テクの神として注目されている。相次ぐ不動産の財テクにより高い収益を得ている。PSYは今年初め、地上3階規模の新沙洞の住宅を購入した事実が一歩遅れて知られた。不動産業界によると地下1階、地上3階規模の住宅は江南乙支病院交差点付近に位置しており、住宅密集地域にある価値の高い建物だ。

PSYはこの住宅を融資を受けずに26億7500万ウォンで購入したと伝えられた。

昨年3月にはさらに大きな規模の建物を買収して話題を集めた。ソウル市新沙洞論峴路の近くにある5階建てのビルを50億ウォンで買収した。PSYは当時、この建物を購入するために銀行から30億ウォンの融資を受けた。

先立ってPSYは去る2012年、米国UCLA近くの高級住宅街のウエストハウスで高級マンションを購入して昨年売却した。この時、相場差益で得た収入はなんと10億ウォンに達する。

2012年、ソウル市漢南洞にある地下1階~地上6階規模のビルを78億5000万ウォンで買収して周囲を驚かせた。PSYは建物を巡ってテナントと法的紛争まで起こした。

PSYは本人の成功だけでなく韓国屈指の半導体総合機器メーカー会長出身の父親がおり、芸能界の代表「スーパーリッチ」と呼ばれる。

PSYの父親であるパク・ウォンホ会長は故パク・ギオク創立者から会社を受け継いでS電子とH半導体などのグローバルIT企業に半導体製造装置を供給し、年間1330億ウォンを売上を出している。父親の財産まで合わせれば700億ウォン台に達すると推定される。
  • スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者 / 写真=スタートゥデイDB
  • 入力 2018-04-10 08:36:01