韓国でも圧倒的な人気!劇場版「クレヨンしんちゃん」、クリスマスの座席販売率で1位に


「しんちゃん」の劇的な登場だ。

映画振興委員会統合ネットワークによると、25日のクリスマスの劇場街では映画『クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~』(監督高橋渉)が座席販売率1位を記録した。

『クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~』はクレヨンしんちゃん劇場版シリーズの26作目で世界を支配しようとするブラックパンダラーメン社長のドン・パンパンに対抗するために伝説のカンフーであるぷにぷに拳を習ったしんのすけと「かすかべ防衛隊」の話を描いたアニメーションだ。

致命的な可愛さを誇るクレヨンしんちゃんと友達の熱い友情、エキサイティングなストーリーまで加わり、ハリウッドのブロックバスターはもちろん、国内の大作映画や数々のアニメーション作品との競争の中で堂々と83.1%という圧倒的な座席販売率を記録した。全国の劇場で絶賛上映中だ。
  • 毎日経済 スタートゥディ ハン・ヒョンジョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-12-27 14:10:54