日本の名残に視聴者がクレーム 繰り返される謝罪と再発防止の約束


「倭色物議(日本風のものを問題視すること)」。波紋を呼んで弁明して謝罪をするがそこまでだ。口先だけの再発防止努力と謝罪は一体いつまで聞かなくてはいけないのだろう。

17日に韓国で初放送されたtvNのバラエティ番組『夏休み』が倭色物議に包まれた。

『夏休み』のロケ地となった家が日本の敵産家屋(日本統治時代に建てられた家)を連想させ、ミッションなど物語の構造は日本ソニー社のプレイステーション用ゲーム「ぼくのなつやすみ」と似ているというもの。

これに対して制作陣は「屋根裏部屋と3つの庭があり、出演者の多様な姿をお見せできると考えた」とし「1950年代に建てられた古宅だったので番組を準備する過程で元の家を土台にして屋根の色と外観を整理する程度に工事を行った」と説明した。

続いて「外部に3つの庭があり、今の時代に家だけで過ごす時間が多くなった現実を反映したホームバカンスリアリティという企画に符合する条件を持っていると考えた」とし「この過程で視聴者が不快に感じる可能性を細やかに考慮できなかったようで申し訳ない気持ち」と謝罪した。

ただし、日本のゲームと類似しているという疑惑については「該当のゲームを知らず、まったく参考していない」と反論した。

放送関係者の「倭色物議」は今回が初めてではない。最近、最終回が放送されたSBSドラマ『ザ・キング - 永遠の君主』(脚本キム・ウンスク、演出ペク・サンフン、チョン・ジヒョン)は二度も「倭色物議」に包まれた。

初放送直後、タイトル映像に使用された宮殿イメージの一部に日本の建築を使用し、韓国の軍艦に日の丸を入れて日本の軍艦として描写して物議の中心に立った。

『ザ・キング - 永遠の君主』側はタイトル映像を交換して「韓国の軍艦を日本の軍艦として誤認させる意図はなかった」と相次いで謝罪の意を伝えた。

tvNのバラエティ番組『驚きの土曜日 - ドレミマーケット』も「倭色物議」を避けることができなかった。先月20日の放送分に出演した子役キム・ガンフンが着ていた衣装が問題になった。その衣装に石田三成の家紋がデザインされていたのだ。石田三成は朝鮮半島を侵略した豊臣秀吉の最側近だ。

番組制作陣は「歴史的に重要な事実を認知できなかった点、お詫び申し上げる。この事実を知らせてくださった皆さんに感謝する」とし「該当の衣装は制作陣が普段扱っている衣装レンタル会社から借りたものであり、出演者キム・ガンフンさんはもちろん制作陣、レンタル会社も知らなかった」と説明した。

それとともに「現場でも疑問を持たないまま収録が進行され、放送まで行われた。その情報提供の投稿を本日夕方に確認し、必要な措置後にコメントを残す」と再放送とVODを停止し、モザイク作業を開始、レンタル業者に衣装の情報を伝達、キム・ガンフンさん側に謝罪するというコメントでの状況の共有を約束した。

また、制作陣は「もう一度謝罪し、今後より慎重な制作を通して健康的な笑いを作る番組になるように努力を尽くす」ともう一度謝罪の意を明らかにした。

日本との歴史的な関係がきれいに清算されない状況で、視聴者は「倭色物議」に敏感に反応せざるを得ない。これまで様々な番組がミスを繰り返してきた状況で再び守られない謝罪と約束をすることなく、確実な再発防止対策を立てることが優先されるべきではないか。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-07-20 09:01:01