新人グループT1419、30万人が見た「グローバルデビューショー」の映像を公開


新人ボーイグループT1419(ノア、シアン、ケビン、ゴヌ、レオ、オン、ゼロ、カイリ、キオ)がグローバルデビューショーのフルバージョン映像を公開した。

13日午前0時、T1419はグローバルデビューショー「BEFORE SUNRISE Part.1」のフルバージョン映像を公開し世界中のファンの関心を集めた。

公開された映像はT1419のデビュータイトル曲「ASURABALBALTA」のステージをはじめ「Butt Out」、「ROW」そして日本語バージョンの「Dracula」のステージなど豊富なコンテンツと多彩な舞台構成で好評を得たグローバルデビューショーのフルバージョンだ。

特に今回のデビューショーのフルバージョンの公開は先に行われたグローバルデビューショーの生中継を共にできなかったグローバルファンたちからの要請が殺到し追加で公開された。

特にファンのための英語字幕サービスまで加わり熱い反響を得た。

今月11日、NAVER VとLINE LIVEを通じて生中継されたT1419のデビューショーで約30万人の同時接続者を集め、T1419の尋常でない人気を確認した。

デビューしたての新人であるにもかかわらず約30万人のオンライン観客を集めたことはT1419がすでに準備された「完成型新人」であることを証明すると同時に2021年に超大型ルーキーが誕生したことを意味する。

T1419のデビュー曲「ASURABALBALTA」はヒップホップ、EDMベースでトレンディなサウンドと独特なソースのテーマリードが特徴の曲だ。「ASURABALBALTA」は「望み通りに成し遂げられる」という意味の呪文で危機に直面して勝ち抜くという歌詞を通じて混乱を突破しようという意志と願いが込められている。

一方、T1419は14日にMnet『M COUNTDOWN』でデビュー曲の「ASURABALBALTA」のステージを公開する予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 / 写真=MLDエンターテインメント
  • 入力 2021-01-13 13:12:59