パク・ヘス、いじめ加害者疑惑により番組出演予定が次々見送りに


女優パク・ヘスが校内暴力疑惑を否定して校内暴力を暴露した人物が加害者はパク・ヘスではないと否定したにもかかわらず、番組出演のキャンセルが続いている。

パク・ヘスの校内暴力疑惑は22日、あるオンラインコミュニティに「清純なイメージで人気の女優から学校でいじめられた経験がある」というコメントが投稿されて始まった。

投稿者は「(女優が)修練会の時、10階の高さから私のカバンを投げて母が作ってくれたお弁当が粉々になった」、「ヘアスタイルを変えてあげると嫌がっている私の髪を掴んで引きずり、教卓の前ではさみで髪を切った」、「給食で出された海苔のパッケージに入っていた防腐剤を開けて、私の口の中に入れて飲み込ませた」など学生時代にいじめられた経験を暴露した。

この投稿の加害者がパク・ヘスだと推測させる手がかりはないが、ネットユーザーの間でパク・ヘスが加害者の女優なのではないかと推定された。

これにパク・ヘスの所属事務所スタジオサンタクロースエンターテイメント側は「当社はこの投稿が校内暴力に対する社会的な雰囲気を悪用し、パク・ヘスに悪意的な陰湿な攻撃・誹謗するための虚偽の事実であることを確認した」と強硬な法的対応を示唆した。

所属事務所側の強力な否認にもかかわらず、疑惑の余波は強く残った。来る26日、初放送される予定のKBS2金曜ドラマ『Dear.M』の主演であるパク・ヘスは23日、KBS 2FMのラジオ番組『チョン・ウンジの歌謡広場』にドラマプロモーションのため出演する予定だったが、物議が膨らむと最終的にゲストのリストから削除された。

パク・ヘスは『Dear.M』の主演であるジェヒョン、ノ・ジョンウィ、ペ・ヒョンソン、イ・ジンヒョクなどとKBS2の音楽番組『ユ・ヒヨルのスケッチブック』の収録に参加するため日程を調整中だったが、これも出演が見合された。

波紋が広がる中でパク・ヘスが加害者として疑われていた校内暴力暴露文を最初に投稿したと主張するネットユーザーが追加文を公開して加害者はパク・ヘスではないと否定していじめ疑惑を晴らしたように見えた。

投稿者は「推測性の記事がどんどん広まり、再投稿する」と自分をいじめた芸能人はパク・ヘスではないと説明した。

投稿者は「応援していただき感謝する。私が追加で投稿したのは文字通り、勇気のない私に証人を探せ、頑張れとコメントを残してくれた方々に感謝するためだった。感謝の表現をしたことが密かにパク・ヘスを暗示しているようだというコメントが多く、情報を正したかった」と書いた。

続いて「投稿文が拡散された後、実際の加害者から連絡が来て、私はその人と1対1で話をし、今も私の痛みを癒す案を見つけたいと、ずっと連絡を続けている」とし「私の不十分さ、コメントをすべて読まない怠惰のため関係のない人(パク・ヘス)が名指しされたことを申し訳なく感じる」とパク・ヘスに間接的に謝罪した。

しかし、あまりにも遅い否定だった。パク・ヘスは「いじめ加害者」として名前が挙げられただけでも多大なイメージ打撃を受け、新しいドラマを控えて放送出演が見送られるなど様々な被害を被っている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-02-23 10:20:44