韓・中、日の「無責任な決定」に反発…済州道知事は「訴訟」に言及


日本政府は周辺国の懸念を無視したまま、福島第1原発の放射能汚染水を海に放出することを決めた。

日本は放射性物質を排出基準値以下に下げて放出するという計画だが、韓国・中国などは客観的検証と透明な情報公開を要求して強く反発しており、今後は韓・中・日の外交関係に少なからぬ影響を与えるものと見られる。

日本政府は13日、関係閣僚(長官)会議を開き、福島第1原発のタンクに貯蔵されている汚染水を海洋に放出することにしたと発表した。

計画樹立と承認、施設工事などを経て、実際の海洋放出は2年後から始まる見通しだ。

このような日本政府の決定に対し、韓国と中国は直ちに強く反発した。韓国政府は13日、福島原発の汚染水放流と関連し、具潤哲(ク・ユンチョル)国務調整室長が乗り出して「強い遺憾を表する」と述べた。

ク室長は「韓国国民の安全のために必要なすべての措置を尽くしていく」とし、日本産の水産物に対する追加輸入禁止も検討すると明らかにした。外交部は相星孝一在韓日本大使を招致して強く抗議し、日・韓海峡と隣接する済州圏では元喜龍済州道知事が乗り出して、日本政府を相手に訴訟を提起しすると発表した。

中国外務部も「日本の決定は極めて無責任で、深刻な損害を与えるだろう」と批判した。
  • 毎日経済 | 東京=キム・ギュシク特派員/ソウル=ハン・エギョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2021-04-13 20:50:50