トップ > コリアナウ > Korea Now > 「トラベルバブル」アシアナ航空、グアム路線を再開…18年ぶり

「トラベルバブル」アシアナ航空、グアム路線を再開…18年ぶり


  • 「トラベルバブル」アシアナ航空、グアム路線を再開…18年ぶり
  • アシアナ航空A321NEO航空機[写真提供=アシアナ航空]



アシアナ航空は来月23日、グアム路線の運航を再開する。 2003年にグアム路線が中断されてから18年ぶりだ。

アシアナ航空は22日、来る12月23日から週2回(木・日曜日)の日程で、仁川~グアム路線の運航を再開すると明らかにした。最初のフライトは12月23日午前9時に仁川国際空港から出発し、午後2時25分にグアム空港に到着する予定だ。帰国便はグアムから午後4時に出発し、仁川空港に午後7時30分に到着する。この路線には188席規模の最新型の「A321NEO」航空機が投入される。

グアム入国時に必要な書類は、△コロナ19ワクチン接種完了の英文証明書、△コロナ19陰性確認書(PCRまたは抗原検査)だ。該当の書類があれば別途の隔離と追加検査なしですぐに入国することができる。旅行者は韓国に帰国する前の72時間以内に、再度PCR検査を受けなければならない。グアム観光庁は韓国帰国のためのPCR検査を無料で提供している。

グアム旅行中はコロナ19ワクチン接種証明書を持参したり、電子予防接種証明キューブ(Coov)アプリでワクチン接種を証明すればm各種の施設を利用することができる。現在、グアムは居住民の2次ワクチン接種率(12歳以上)が92%を超えた状態だ。現地施設の防疫は、韓国と同様の水準で管理される。

アシアナ航空は来る12月23日から来年3月31日まで、グアム航空の搭乗客全員にビジネスクラス専用のアメニティキットを無料で提供する。また12月23日から来年1月16日まで、仁川空港第1ターミナル免税品引渡場でアシアナ航空グアム出発当日搭乗券を提示するとプレゼントを贈呈する。

アシアナ航空のオ・ギョンス旅客本部長は「サイパンとシンガポールなどトラベルバブル(旅行安全圏域)の締結国が増えており、ウィズコロナ(段階的日常回復)の流れによって海外旅行者が増える状況を鋭意注視している」とし、「全体的な海外旅行需要に合わせ、運航路線やスケジュールなどを弾力的に拡大運営する計画だ」と明らかにした。
  • 毎日経済 | ムン・グァンミン記者
  • 入力 2021-11-22 14:50:00