トップ > コリアナウ > 政治 > 尹錫悦大統領「韓国は半導体・バッテリーの強みを生かし国際連帯」

尹錫悦大統領「韓国は半導体・バッテリーの強みを生かし国際連帯」


  • 尹錫悦大統領「韓国は半導体・バッテリーの強みを生かし国際連帯」
  • 尹錫悦大統領

◆IPEF公式発足◆

韓・米・日を含むインド太平洋地域13か国が共にする経済安保同盟体である「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」が23日に公式に発足した。尹錫悦(ユン・ソギョル)大統領はこの日、日本の東京で開かれたIPEFの発足を宣言する首脳会議に映像で参加し「全世界はパンデミック、供給網再編、気候変動、食糧とエネルギー危機など多様で複合的な危機に直面している」とし「これは一国が独自に解決しにくい問題だ。グローバルな国家間の連帯と協力がいつにも増して必要だ」と強調した。それと共に「韓国はIPEFが包括するすべての分野で経験を分かち合い協力する」とし積極的に協力する意志を明らかにした。

尹大統領は韓国がサプライチェーンの強化、デジタル転換、クリーンエネルギー・脱炭素分野で強みがあるという点も強調した。半導体とバッテリー、通信技術、脱炭素の核心である原発と水素関連技術が該当する。尹大統領は「韓国が各国と互恵的供給網を構築する」とし21日の韓米首脳会談で経済安保の議題だった半導体と原子力をIPEF首脳会議でも再び強調した。

ジョー・バイデン米大統領はこの日、東京で日米首脳会談と記者会見などを通じて「インド太平洋地域・国家との協力を強化し地域に利益をもたらすためにIPEFを発足する」と明らかにした。彼は「IPEFは21世紀最も重要な課題である安全保障の拡充、信頼に基づいた経済構築、サプライチェーンの保護などを地域パートナーと共に対処する」と説明した。
  • 毎日経済 | 東京=キム・ギュシク特派員/パク・イネ記者
  • 入力 2022-05-23 17:57:27