整形後の写真、調べてみると「インチキ」写真…誇張広告が摘発


地下鉄やインターネットに掲載されている整形外科の広告写真を見ると、整形後の写真が特に目立つ場合が多い。

当然、「手術がうまくできたのだな」と考えるだろうが、調べてみると他の秘法があったのだ。

ここは、ソウル江南駅の整形外科だ。この病院は、女性が整形手術を受ける前と後の顔だとし、ホームページに2枚の写真を掲載した。

ところが、それは同じ条件ではなかったのだ。

整形前の写真は「適当に」撮ったのだが、成形後の写真は専門スタジオでサークルレンズに色調化粧までして撮影を行った。

ソウル狎鴎亭洞のこの病院も、整形手術がうまくできたかのように見せた「インチキ写真」をホームページに掲載した。

この2か所だけではない。

7つの病院は、病院スタッフや広告代行業者が、消費者であるかのように手術後のレビューを掲載したが公正取引委員会に摘発され、「1万回」以上の手術をしていないにも関わらず、まるで行ったかのように広告された整形外科も存在した。

公取委は整形後の写真を誇張した2か所の病院に課徴金を賦課するなど、計9つの整形外科と医院に対して是正命令を下した。
  • MBNニュース キム・ギョンミ記者 / 写真=MBN放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-09-17 20:26:00