「123階の垂直マラソン」ロッテワールドタワー・スカイラン、5月13日開催


  • 第1回ロッテワールドタワー・スカイラン出発の姿

世界最高の高さの垂直マラソン大会である2018ロッテワールドタワー国際垂直マラソン大会「スカイラン(SKY RUN)」が5月13日に行われる。

ロッテ物産は19日午前9時からロッテワールドタワー公式ホームページで参加申し込みを受けつけると13日、明らかにした。総参加人数1500人の中からエリート選手と企業参加者を除いて、一般人参加者1400人(競争部門900人、非競争部門500人)を募集する。参加費は4万ウォンだ。

この大会は国際垂直マラソン大会を開催する団体ISF(International Skyrunning Federation)傘下のVWC(Vertical World Circuit)が公式認定した大会の中で最高の高さ(555m)と最多の階段数(2917個)を誇る。

ロッテワールドタワー1階アリーナ広場から123階の展望台まで駆け上がり、昨年の大会ではオーストラリアのマーク・ボン選手が15分44秒の記録で優勝した。

スカイランは毎年ニューヨーク、ロンドン、シドニー、香港など10都市で開催される世界的なスポーツイベントで、今年の大会の中では最初にソウルで開かれる。

ロッテワールドタワーのスカイランはニューヨークの1 ワールドトレードセンターの541メートル・2226階段、シドニーのシドニー・タワーの260メートル・1504階段、香港ICCの484メートル・2120階段よりも大きな規模だ。

参加者は大会ユニフォームとセカンドバッグ、記録測定用チップなどで構成されたレースキットを提供されて完走すると完走メダルが提供される。また大会開始前に参加者はロッテワールドタワーアリーナ広場で無料でスポーツテーピング、脚のマッサージなどを受けることができる。

競争部門選手の1等から3等までの男女計6人に合計1000万ウォン(約1万ドル)の賞金とトロフィーが贈呈され、一般個人参加者間の競争部門1等にはロッテデパート商品券123万ウォン、2等はロッテワールドタワーシグニエルのホテルステイ食事券(30万ウォン相当)、3等は運動用品セットとトロフィーなどが授与される。

今回の大会では3階層ごとに安全要員を配置し、出発と到着地点、避難安全区域7カ所に緊急装置と医療スタッフを配置して参加者の安全なレースを助ける。また参加費のうち大会運営費を除いた全額は緑の傘子ども財団を通じてスポーツ子ども人材育成に支援する予定だ。
  • 毎日経済 イ・ハンナ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-03-18 03:41:45