スマートフォンの通話内容を盗聴する「スパイアプリ」猛威

iPhoneは相対的に安全 

最近、Androidスマートフォンの通話内容を盗聴したり、メールを盗み見る「スパイアプリ」が猛威をふるっており、スマートフォン使用者の注意が要求される。これに、韓国の警察庁サイバー安全局は27日、スマートフォンにこっそりインストールされたスパイアプリを検出して、削除する機能があるアプリケーション「ポール-アンチスパイアプリ」を配布した。

警察によると、現在米国、英国、香港など海外メーカーが製作して販売しているAndroidのスマートフォン用スパイアプリは12種にのぼる。このアプリは、スマートフォンに直接インストールされることができ、メールやカカオトークのメッセージに込められたインターネットアドレス(URL)にアクセスするように被害を誘導する方法でインストールされている場合もある。

ただし、iPhoneはプログラムの構造上、ロックを解除する「脱獄」状態でなければスパイアプリがインストールされておらず、相対的に安全だと警察は説明した。
  • 毎日経済_キム・ミョンファン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-08-27 17:24:54