頭皮も顔の肌のように水分が不足すると頭皮脱水症が生じる

季節の変わり目に頭皮中の渇き解決のための頭皮保湿ケア法3段階 

季節の変わり目になりながら、頭皮脱水症による頭皮問題を訴える人が増えている。

温度差が10℃を超えるという大きな朝晩の気温差と乾燥した空気は、頭皮中の水分含量を落としやすい。正常な肌と頭皮の水分含量度は15~20%程度だが、季節の変わり目には水分含量度が10%以下に低下する。

顔はすぐに乾燥症を感じるが、頭皮は皮膚層が顔より薄く、毛髪でおおわれているため、乾燥した症状を感じられず放置する場合が多い。喉が渇く時、口がからからに渇くように、頭皮も水分が不足すると頭皮脱水症が生じる。乾燥すると肌に乾癬が生じるように、頭皮が裂けながら角質層が剥がれ過角質、痒みを誘発することがある。知らずに放置する場合、頭皮の過多角質で毛根が窒息し、肌保護膜調節機能低下による免疫力弱化で、炎症反応が悪化する。そのうえ、頭皮から毛髪への栄養供給を塞ぎ、毛髪が細くなり弾力が低下し、結局は脱毛を誘発したりもする。

このような悪条件の中で、きちんとした頭皮ケアをしなければ、季節の変わり目の盛りを過ぎたあなたの頭皮は、10年は十分に老けてしまうかもしれない。頭皮も顔の肌のようにしっとりとした水分管理が必須だ。ウェルキン頭皮/脱毛管理センターで、季節の変わり目に頭皮中の渇き解決のための頭皮保湿ケア法3段階を提案する。

1番目、頭皮水分管理に効果的なシャンプー方法だ

季節の変わり目には角質周期が鈍化し、角質がきちんと落ちないため、正しいシャンプー法で老廃物除去と保湿管理が、そのどの時より重要な時期だ。

まず、髪を洗う前、ブラッシングを通じた頭皮マッサージで頭皮の血液循環を促進させた後、フケ、炎症、脂漏性など、頭皮状態に合う専門シャンプーを利用し、微温水で洗浄をし頭皮の老廃物を除去する。ドライ時、季節の変わり目には10%程度水分が残るようにし、シャンプー後、必ずヘアエッセンスを利用して毛髪のキューティクルが痛まないようにする。

2番目、水で満たされない頭皮の渇き!専門保湿製品が答えだ

頭皮に水分を供給することのできる専門頭皮パックと、専門トニック製品の使用で、頭皮の水分保護膜を形成させることが重要だ。頭皮と毛髪に水分補充と頭皮保護膜調節機能を向上させ、同時に頭皮専門パックは角質除去ならびに強力な保湿を通じ、乾燥頭皮管理に効果的だ。そして、パックで足りないなら、トニック製品を使って毎日随時、頭皮に塗る。ウェルキン頭皮/脱毛センターの付設研究所で開発、ランチングしたSolep(ソレップ)のタイムレスエンプラインとドライアンドセンシティブスカルプパックを推薦する。頭皮製品として国内で唯一、2重機能化性粧品として認定され、頭皮保湿と鎮静効果に優れる。

3番目、速い頭皮改善を望むなら、専門センターの頭皮保湿ケアが効果的だ

さらに速く効果的な頭皮改善を望むなら、専門頭皮/脱毛センターの助けを受けよう。ランキードットコムの毛髪管理分野1位、2013中央日報ブランド大賞のウェルキン頭皮/脱毛センターによると、頭皮管理に問い合わせが多い時期が、季節の変わり目だという。

そのうち、頭皮乾燥症による過角質、フケ、痒みのような症状の顧客には、悪乾燥頭皮ケアプログラムが人気だ。悪乾燥頭皮ケアは、高濃縮水分を真皮層まで集中供給し、頭皮のPHバランスを正常化させる頭皮ケアで、頭皮トラブルだけでなく、毛髪乾燥と過角質形成の2次的トラブルまで防ぐ、高保湿集中頭皮管理プログラムだ。

さらに詳細なプログラム情報は、ウェルキン頭皮/脱毛センターホームページ(www.wellkin.co.kr)参照。
  • 毎日経済/写真_photopark.com | (C) mk.co.kr
  • 入力 2013-10-15 11:00:05