トップ > テクノロジー > 健康・医学 > にんじんが目にいいって?他に何があるだろうか

にんじんが目にいいって?他に何があるだろうか


  • にんじんが目にいいって?他に何があるだろうか
最近、スマートフォン時代が到来しながら目が酷使されることは日常茶飯事だ。身体部位で疲労度を最もたくさん感じる所は目だ。目に良い食べ物と成分には何があるのかと、日常生活で簡単に食べられる方法について調べてみよう。ルテインは目の網膜と黄斑を構成する主要物質だ。黄斑は網膜の中心部で目の中心視力と視野を担当し、網膜の視細胞を保護する機能をする。ルテインはこのような黄斑に十分な栄養を供給し、視覚障害を防止し、予防する機能をする。ビタミンAは目の健康ではずせない代表的な要素で、油に溶ける脂溶性ビタミンだ。ビタミンAが欠乏すると夜盲症・角膜乾燥症・角質軟化症が発生し、視力減退はもちろん結膜炎など各種眼球疾患を誘発する原因になる。

  • にんじんが目にいいって?他に何があるだろうか
目の健康に良い食べ物として知られる食べ物のうち、代表的なものがまさにブルーベリーだ。ブルーベリーは食物繊維・カルシウム・鉄が豊富で一般健康食品としても挙げられる。しかし、何よりもブルーベリーに含まれた「アントシアニン」という成分が目のタンパク質老化を防いでくれる機能をし、視力増進に役立つと知られている。また、網膜の血液循環を助け、目の疲労安定などの効果を与える。

ブルーベリーは一日に20~30個程度を根気よく摂取してこそ効果があわられるという。ブルーベリーは20~30個を一粒ずつ食べるよりは、シェイクやサラダなどの形態で食べる時、不便さを減らせる。

  • にんじんが目にいいって?他に何があるだろうか
ほうれん草とブロッコリーなどの緑色野菜も目の健康に良い食べ物としてはずせない。ほうれん草は70gだけ食べてもビタミンAを一日推奨量のうち75.4%も食べることができ、ロドプシンが多い。また、ほうれん草とブロッコリーには目の網膜で黄斑を構成する「ルテイン」というカロテノイド系成分が入っている。ルテインは活性酸素を吸収する抗酸化機能があるだけでなく、紫外線と青色光の吸収能力に優れ、網膜で生じる眩しさ現象・物体がばらついて見える現象など、視覚障害を緩和させてくれる。ルテインは体内で合成されないため、緑色野菜の摂取が必須だ。ほうれん草やブロッコリーなどはサラダ料理を通じて手軽に食べられる。

  • にんじんが目にいいって?他に何があるだろうか
にんじんもまた目の疲労に良い食べ物だ。にんじんには抗酸化剤の「ベータカロチン」という成分が入っている。ベータカロチンは人体に吸収された時、目に必要なビタミンAに変わるのが特徴だ。

ビタミンAは上で言及したように、目の網膜作用を円滑にしてくれる特徴があり、視力改善効果と眼球乾燥現象の改善に卓越する。ただし、ベータカロチンはにんじんの皮部位に多くあるため、皮を剝かない状態で食べるのが良い。にんじんは多様な料理過程で材料ににんじんを入れ、自然に摂取する方法がさらに効果的だ。

  • にんじんが目にいいって?他に何があるだろうか
さつまいもはダイエット献立でも脚光を受ける食品だが、目の機能強化にも効果的な食べ物だ。

さつまいもには目の健康のために必ず必要なビタミンAが多く含まれている。ビタミンAは夜盲症・眼球乾燥などに効果が優れるだけでなく、視力改善効果があるため、さつまいもを摂取すると視力に役立つことがある。

さつまいもは直接蒸して食べても手軽だが、スムージーも気楽に食べられる方法のうちの一つだ。
  • 毎日経済_キム・ミヨン記者/写真_Photopark.com | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-04-22 15:43:02